にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

歌枕 を 訪ねて - 下野国 室の八嶋(むろのやしま) ー


大神神社(おおみわじんじゃ)  栃木県栃木市惣社町477 

          へ、行ってきました。


北の鳥居 (640x427)

17年前に訪ねて、歌枕「室の八嶋(むろのやしま)」を確認した
神社です。

その後、8年前に再度訪ねた時には場所を見つけることができ
なかった おおみわ神社です。


大神神社本殿 (640x427)

本殿も境内も きれいに整えられていて驚きました。

17年前を思い出してみると、見違えるようでした。




        けぶりたつ室の八嶋 と、

    歌枕(うたまくら) として和歌に詠まれてきたのは

下野惣社(しもつけそうじゃ) 室の八嶋明神  です。


下野惣社・室の八嶋明神 (640x427)

小さな赤い鳥居をくぐり、池にある小島を巡って参拝します。



なぜ、大神神社の中に 八嶋明神が祀られているのでしょうか。

  大神神社(おおみわじんじゃ)は、今から1800年前、大和の
大三輪(おおみわ)の分霊を奉祀し創立したと伝えられています。

    祭神は大物主命(おおものぬしのみこと)です。



 ここは、けぶりたつ「室の八嶋(むろのやしま)」と呼ばれて、
平安時代以来東国の歌枕として都まで聞こえた名所でした。


 当社の近くに下野国(しもつけのくに)の国府跡があります。

  平安時代、都からやってきた国府役人の長官によって
この大神神社の地に下野の国中の神々が勧請され祀られたのが

    下野惣社明神 = 室の八嶋明神 だったのです。


この地は、さらに昔から煙(けぶり)の名所と詠まれた東国の歌枕が

    ここで、「室の八嶋」と結びついて国司、国府役人として
   都から赴任してきた貴族により 和歌に詠まれたことでしょう。




いかでかはおもひありともしらすべきむろのやしまのけぶりならでは
                                藤原実方(さねかた)


くるる夜は衛士のたく火をそれと見よむろのやしまも宮こならねば
                                藤原定家


ながぶればさびしくもあるか煙たつ室の八嶋の雪の下もえ
                                源 実朝





茅の輪つくり (640x427)

6月も間近です。 氏子の方が 茅の輪 をつくっておられました。


輪出来上がります。 (640x427)

      出来上がりが近づいてきました。 


       写真 (529x640)


  このように本殿の前に下げるのだと、昨年の写真  o(^▽^)o


夏 来にけらし・・


ジュンベリー1 (640x480)


  5月の半ばには、もうジュンベリーが沢山実をつけた!

  実が赤くなるにつれて、木の周辺が騒がしくなってくる。


      ジュンベリー2 (480x640)



      お隣の若奥さんが、回覧板を手にやってきて

 「今朝もね、大っきな鳥が中に潜っていて 飛び立って行ったわ
            アレって、カラス?」

 
 「えっ まさかカラスまで? いや多分ムクドリとヒヨドリだと思うわ」
             と答えたけれど、


        あんなに沢山成っていた実も、

    1週間後には、何もかも綺麗に無くなって、

  濃い緑色をした ただの樹に変わってしまいました。


      キョウカノコ (480x640)

         脇に咲くキョウカノコの花も、

     6月を待たずに咲き終わるかも(๑˃̵ᴗ˂̵)




      ホタルブクロ (480x640)


     木陰に ほっこり膨らんだホタルブクロの花。



  こんな歌を引くのも、もう時遅し かも知れませんね。


春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
<ハルスギテ ナツキニケラシ シロタエノ
              コロモホスチョウ アマノカグヤマ>
              持統天皇 [『新古今集』夏(一七五)]
春が過ぎて、もう夏がやって来たらしい。夏になると真っ白な
   衣を 天の香具山の山裾に干すということだよ。
)





    葉をいっぱい繁らせた梅の木に下げた

  インパチェンスの白い花が 新鮮に映る 夏日です。

   白インパチェンス (640x604)



iPadから送信

さねかずら の 挿し木


名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
                   三条右大臣(さんじょうのうだいじん) 

(「逢って寝る」という名を持つ逢坂山のさねかずらよ、そのつるをたぐり
 寄せるように、人知れず君のもとへ来る方法があればよいのになあ。)

 

  「百人一首」の歌にも詠まれている さねかずら(ビナンカズラ)

昨年の春、見沼田んぼにある「さねかずら」の枝先数本をいただいて
         <挿し木>を試みてみました。



それが4月に入ったころからメキメキと新芽を伸ばし始めています。

    さねかずら (480x640)






見沼田んぼ の親木の方は、畑の日当たりが悪くなってきたことを理由に、
ほとんど切り倒されてしまっていました。

         昨年 秋の頃のことです 


 171024実
見沼田んぼ のさねかずら に 赤い実が!( 2017年10月24日 撮)
  



                                                 

     180412挿し木 (480x640)


 こうして新しい葉を増やし始めているのを見ていると、
あの元の木が今どうなっているのか知りたくなってきます。


 滞りがちの見沼ウオーク再開しなくっちゃ (*´~`*)



 挿し木(さしき)は、植物の人為的繁殖方法の1つ。
    クローン技術の元祖とも言えるとのこと。

    その代表が 桜ではソメイヨシノでしょうか。



花 は「梅」か「桜」か

春一番はもう吹いたのだろうか?

昨日未明からの豪雨は遠雷をともなうもので
警報騒ぎのあとに 突如雨は上がったけれど
時折強くなる風は 夕刻まで続いた


今日の天候は 空も空気も間違えようもなく春


 梅 (480x640)

たった3日前に訪れた 梅林の梅は

 白梅 (480x640)


むくむくと花開き 今日聞けば もう見ごろとか

河津桜は あれからもりもりと盛り上がってきて
この週末には 満開となることだろう

 井沼方の河津桜 (480x640)


ところで「春」は次々に 色んな「花」が咲く季節だが
和歌に、名を言わずただ「花」とだけ詠まれたものは
何の花?

奈良時代には「花」と言えば「梅の花」のことだったけれど、
平安時代に入ると 「花」は「桜の花」を指したようだ。


「百人一首」をみてみよう

「花」と詠まれているのが5首(9・33・35・66・96)
うち1首(35)のみが「梅」、あとの4首は「桜」である。


 桜 (480x640)

では、
なぜ35首めの歌ー「桜」ではなくて「梅」だと分かるのだろう?

実はこの歌 『古今和歌集』詞書に「梅の花を折りてよめる」とある。
わざわざ「梅の花」と断っているのは
やはり 「花」 は主に「桜」を言うようになったからだと思われる。

続きを読む

春の野に・・・

 梅の花咲く

  梅(おもいのまま) の花が 開き始めました!

  今日 やっと 3輪、 昨年より二週間遅れの 開花です。




 草花の芽

  庭を覆っていた枯れ葉や枯れ草を除いてみると

  ああ ~ 、 草花の芽が 角のようにいっぱい顔を出し


 クリスマスローズ
 クリスマスローズ赤


   雪の下で蕾をつけていた クリスマスローズは

     花開いて、相変わらず うつむき加減で

         きれいに咲いています。


           ですね 


    そういえば、旧暦 の 一月に入りました。

    古典文学の世界では   の始まり 





「百人一首」 15


  君がため 春の野に出でて 若菜つむ
                わが衣手に 雪は降りつつ

<キミガタメ ハルノノニイデテ ワカナツム ワガコロモデニ ユキワフリツツ>                      
                                光孝天皇



あなたのためにと思って、初春の野に出て若菜を摘んでいる私の衣
の袖に、 雪が次々と降りかかってくることですよ。


光孝天皇が摘んでいるのは若菜、春の七草摘みの原形といわれます。

 この和歌は贈り物(若菜)に添えるのに詠まれたもので、当時は人
  に何かを贈る時にも、気持を伝える歌を添えたのだそうです。


         この時期に 雪 ?


 そういえば、7日(火)の今日 長期予報では 雪マーク
         付いてましたよね。

   でも、寒冷前線が予想より下に留まっているために
      雪になることはないとのこと  o(^▽^)o


        なので、 旧暦の一月 

    雪が降る中で若菜を摘むこともあったでしょうね。



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR