にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

東京 さくらWalk -増上寺- &  「百人一首」64


東京のさくら がほぼ満開なので、5日は“大江戸ウオーキング”してきました。



     増上寺とタワー

港区芝大門にある浄土宗大本山 増上寺では、御忌大会(ぎょきだいえ)が
執り行われています。

    御忌 とは、浄土宗元祖 法然上人の忌日法要のことです。


        徳川将軍霊廟

  増上寺には、徳川将軍家霊廟 ー 御霊屋(おたまや)があります。

  昭和20年の二度にわたる空襲直撃で焼失した御霊屋群から、
  昭和33年詳細な学術調査のうえ現在地に改葬されました。


     旧芝離宮恩賜庭園

  旧芝離宮恩賜庭園 (大名庭園とも) のさくらです。この地は芝浜と
  呼ばれていた眺望豊かな海浜でした。

  かつては潮入りの回遊式築山泉水庭園で、潮の干潮を利用して水辺
  に変化をもたせていたのだそうです。  品川の海が見えたんですって。





   百人一首の世界   64

   朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木
 <アサボラケウジノカワギリタエダエニアラワレワタルセゼノアジロギ>                    
                   権中納言定頼ごんのちゅうなごんさだより

夜がほのぼのと明けてくるころ、宇治川一面にたちこめていた川霧が
絶え間を見せ、晴れてくると、そこに現れたのは浅瀬ごとにしかけた
網代木であったことだ。




     宇治川に 霧たちのぼり
     川霧に 朝日差し初め 
       
     やがて、 霧のまにまに 網代木見えて




・瀬々の網代木→「瀬々」は川のあちこちの浅瀬。
           「網代木」は、浅瀬で魚をとる網代(竹や木を編み重ねる)を
           張るための杭を網代木という。


 フリーマーケット  ・ 「百人一首」 63


 実は私、フリーマーケット (略して フリマ)って、それぞれのお店が
自由( f r e e )に品物を出して売る ー自由市場ー だと思っていました 

  でも、フリーとは 「f l e a」で、「蚤(のみ)」のことだったのですね。
       体長2~3ミリ、ぴょんぴょん跳んで血液を吸うアレ
        今じゃあ、見たことない人がほとんどでは?


    色々雑多な品が並べられていて、見て歩くだけでも楽しい。

        だから f r e e かと 思ってました。



そんな時期に 我が自治会の「さくら祭り」で “フリーマーケット”を、との
提案があったということで、出店者募集の回覧板が廻ってきたのです。

そこで、(何でも やってみなくっちゃ分からない) とばかり、応募してみ
ました。 

当日です。       
       フリーマーケット

       手作りも
                   
       古本
 本は、 料理本やガーディニング関係などがよく売れましたね。


 


 祭

カラオケ、ジャグリング、フラダンスと、今年の「さくら祭り」 盛況でした。





百人一首の世界  63


  今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな
<イマワタダ オモイタエナン トバカリヲ ヒトヅテナラデ イウヨシモガナ> 
                   左京大夫道雅(うきょうのだいぶみちまさ) 

今となってはもう、あなたへの思いをあきらめてしまうつもりだと、それ
だけを人づてではなくて、直接あなたに言う方法があるとよいのになぁ。



     あなたのことは もうあきらめてしまおう
     あなたのためにも わたしのためにも
 
      だからせめて 「さよなら」だけは
      あなたに逢って 伝えたい


桜 咲く  - 「百人一首」 61番の歌から -


   大宮公園

        29日 大宮公園の桜(ソメイヨシノ)です。


        氷川女体神社の公園

        30日 氷川女体神社公園の桜 です。


        垂れ桜
     
        そして、毎年楽しみにしている 案山子公園の しだれ桜。 


30日には昼間18度あった気温も、今日からまた下がるとの予報なので

         しばらく、この状態が保たれそうです。 

         さくら の春  暫く 楽しめ♪ますね 




   いにしへの 奈良の都の 八重桜 今日九重に にほひぬるかな
<イニシエノ ナラノミヤコノ ヤエザクラ キョウココノエニ ニオイヌルカナ>                        
                             伊勢大輔(いせ の たいふ)

(昔の古い都 奈良に美しく咲いていた八重桜が、今日は この九重(宮中)に、
 みごとに咲きほこっていることですよ。)



昔、公式の場で詠まれる歌は、「晴(はれ)の歌」といって、荘重な作品が
要求されました。

新参者の伊勢大夫が、古都奈良から奉られた桜を受け取って取り入れる
役目を紫式部(むらさきしきぶ)から譲られ、藤原道長からは歌を詠むよう
に言われての即吟の歌です。

その舞台にふさわしい叙情性あふれる歌であると高い評価を受けました。



   百人一首の世界


       その昔 奈良の都で爛漫と
       咲き誇っていた八重桜

       今日の良き日の平安京
       宮中の春は盛りと 咲き匂う




「おくのほそ道」の風景地 - 草加松原


昨日は朝雪が降りました。 やがて霙になり、あとは雨で、寒い一日。
     桜(ソメイヨシノ) の開花も一時凍結状態です。



     松原

                草加松原



    松尾芭蕉が弟子 河合曾良との旅で通った地。

     松尾芭蕉

元禄二年(1689)の3月27日のことというから、328年前の今ごろだったの
    だろうか。 いや、旧暦の3月だから、今の4月下旬。

      上野・谷中を通る際には花(桜)を見ている。


         行春や鳥啼魚の目は泪
     <ユクハルヤ トリナキウオノ メニナミダ>


     桜並木


      綾瀬川沿いの桜も、この寒さではまだ開けません。 あと少し!





百人一首」 60    こちらの旅は、1000年前のこと。


    大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
オオエヤマ イクノノミチノ トオケレバ マダフミモミズ アマノハジダテ
                   小式部内侍(こしきぶのないし)

大江山を越えて行き、生野を通って行く道が都からは遠いので、まだ母の
 いる天橋立を踏んでみたこともなく、もちろんまだ手紙も見ていません。



百人一首の世界

     大江山を越え、生野を通って なお行けど
     まだ まだ 遠い と聞く 天橋立
    
     母の姿も母の手紙も まだ見ることなくて



見沼 に 龍が出現!


     見沼の龍

  見沼田んぼ 東縁(ひがしべり)の 見沼原形保全区に、

  ヨシでつくられた 体長15メートルの龍が お目見え!!


  昨日は、一日中の雨、 そして今朝は、強風が吹き荒れていて、

  この瞬間に “昇り龍” となって飛び去りそう  な勢いなのデス




百人一首」 54

 忘れじの 行く末までは かたければ 今日を限りの 命ともがな
<ワスレジノユクスエマデハカタケレバキョウヲカギリノイノチトモガナ>                   
                       儀同三司母(ぎどうさんしのはは)  


(「いつまでも忘れないよ」と言われるあなたの言葉が、遠い将来まで
 も変わらないということは難しいことですから、その御言葉をうかがっ
 た今日を最後の日として死んでしまいたいものです。



百人一首の世界

      「いつまでも君を忘れないよ 」
      ささやくあなた。
 
      遠い将来のことなんて 分かりはしない
      だから今 このまま私は死んでしまいたい

      この幸せの ただ中で



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR