にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

一升餅(いっしょうもち) の お祝い


一歳の誕生日に子供の健やかな成長をお祝いする伝統行事です。
お餅の「一升」と、子どもの「一生」を掛けた掛詞(かけことば)で、1つには
一生食べ物に困りませんように」 との願い、もう1つには
一生健やかに過ごせますように」 との願いを込めています。


    餅

地域によって様々だそうですが、一般的な方法としては、一升分のお餅を
鏡餅のように丸くして、上に名前を書いたものを 


    背負う



風呂敷に包んで子供に背負わせ、伝い歩き などをさせます。


ドリム(孫の仮名)の一歳誕生祝いのために、ドリムママが「一升餅」を用意
してきました。 約2 kg近い重さです。


最近では、お餅ではなくて、パンのものもあるそうですね。 一歳の子どもに
2kgのお餅を背負わせるのは無理と考えて、お餅の代わりにパン

もっともなことです。 でも、餅のみだった昔はどうしたのでしょうか。


    歩く

「一升餅を背負った時、子どもが立っても立たなくても、背負わせるだけで
縁起が良い行事」 として行ったとありました。

また、背負ってすたすた歩くのは 「将来親元から遠く離れてくらすようにな
る」 として、わざと尻餅をつかせる地方もあるそうです。

それは、自立を望まないということでしょうか.
昔の、家の跡取りとして残らないことの心配だったのでしょうか。



実は、私自身この「一升餅」の伝統行事に、経験もなく知識もないまま若い
人たちに従って行ったのですが、

近年は、こうした子育ての祝い行事や、記念日のイベントが、昔より広がり
を見せているようです。 その裏には、少子化と、SNSを含んだ情報社会の
あり様 が 広がりの一因となっているように思えました。







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR