にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

ぼたもち


   牡丹

美しく咲き誇った 牡丹の花ももうおわった。 一説に、この花の名から
きているという “ぼたもち”を この連休は2回も買って食したのだった。



   おはぎ

なるほど、こうして見てみると全く見当違いな説でもなさそうだ。

こどもの頃に祖母と母が小豆を煮るところから始めて、餅米を蒸し 大きな
鉢の中で軽く搗き潰したものを煮上がった餡で包む。 こうしたぼたもちの
美味しさは間違いなく牡丹の花のようにすばらしかったなあ!

秋のお彼岸に出てくるのは“おはぎ”と言った。春のものに限って“ぼたもち”
と言ったかどうかは定かではない。どろんこ遊びで真似て作ったのは確かに
ぼたもち と言った。


 ぼたもち寺

鎌倉の ぼたもち寺  と書かれている常栄寺。 建立は江戸の初め。 
開基は日祐法尼(にちゆうほうに)


鎌倉時代のことだが、幕府に捕らわれた日蓮が鎌倉の町を引き回され、
「龍ノ口の刑場」へ送られる途中、この場所に住んでいた老婆がぼたも
ちを日蓮に差し上げた。老婆は桟敷尼日栄といったそうだ。

日蓮は処刑を奇跡によってまぬがれる。 そこで、常栄寺では、法難の
あった9月12日には老婆がつくったものと同じ胡麻をまぶしたぼたもちが
振舞われているという。これを厄除けの「首つなぎぼたもち」と言うそうだ。



龍口寺

一方、「龍ノ口刑場跡」、「日蓮御一泊の霊窟」のあった所に建つ龍口寺

              処刑場跡

                   龍ノ口処刑場跡の前(かまくら祭りの日・撮

龍口寺では9月11〜12日に、日蓮法難記念法会がおこなわれている。
その際に やはりぼたもちがふるまわれるそうだ 。こちらも「難除けの
ぼたもち」と称して黒胡麻をまぶしたぼたもちだという。


打ち落とされるはずだった首、日蓮の頭をイメージして の“ぼたんもち”
とは、ちょっと恐い。それを牡丹餅と書かれているところに なんだか救
われる思いが残った。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR