にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

花 さそふ(う) 嵐の 庭の   「百人一首」96

  ふりゆくものは

  桜の花びらが 微かな風に乗って はらはら 舞い散って います

  もしも 嵐ほどでなくても  ちょっと強い風が吹いたとしたら 

  それはもう きっと 雪かと見まがうほどの 花吹雪 となることでしょう 


花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
                 
(桜の花をさそい散らす嵐の吹く庭のようすは、まるで花吹雪のようだが、本当にふ
 りゆくものは桜の花ではなくて、しだいに(古り)老いこんで行く私自身であるよ。)



この歌の作者は 入道前太政大臣(にゅうどう さきのだいじょうだいじん
藤原 公経(きんつね) です。

出典 は 『新勅撰集』(巻十六)雑一  その詞書(ことばがき) には
「落花をよみ侍りける」 と あります。


作者の目には とどまることなく 風に舞い散る桜の花のようすが 人の
命のはかなさ に重なって わが身の老い悲哀を予測した嘆きを呼び起
こしたようです。


藤原 公経(きんつね) は 当時、政治の実権が 鎌倉幕府 にあった中で
太政大臣 にまでのぼり、朝廷で絶大な権力を誇った人物です。

幕府とも朝廷とも積極的に姻戚関係を結んでいます。まず公経(きんつね)
自身が源頼朝の姪を妻にして、鎌倉幕府と強い関係を築きます。後に鎌倉
幕府の力が朝廷にまで及ぶようになると、高い地位まで上り詰めました。

出家した後にも 権力への関心は収まることはなく、公経(きんつね)の家
から次々と皇室へ入内(嫁入り) させて、朝廷でも絶対的な権力を手にし
ているのです。

桜の花 のような華やかな人生を誇る者にも、「老い」は必ずやってくる。
栄華をきわめた人だけに、避けられない老残の悲哀を恐れた一瞬だった
のかも知れません。

余談になりますが、この藤原 公経(きんつね) は、京都の北山に豪邸と
西園寺(さいおんじ) を建立しました。 よって 公経(きんつね)の家系は
その後、西園寺家 と呼ばれるようになったのです。

作品 『とは(わ)ずがたり』 (講座 「天皇に愛された女の物語) に 登場
する「雪の曙」 こと 西園寺実兼 は 公経(きんつね)の曾孫になるのです。




blog「天皇に愛された女の物語」 は、こちら (クリックで) から お読み
いただけます。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR