にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

 ほととぎす


なぜか我が家に根付かない花なのですが、
今朝 紫蘇の間、ミズヒキの隣に咲いているのを発見!


  ホトトギス

    葉がもう枯れかけてるのに、蕾もまだある ホトトギス

ホトトギス(杜鵑草、時鳥草)という名前は、花びらの斑点模様が、野鳥の
ホトトギスの胸に生える羽毛の模様と似ていることからつけられたとか。

夏から秋にかけて咲き、花期が長い花ですが季語はです。


こちらが、を知らせる鳥 <ホトトギス>

  ほととぎす
     『新国語便覧』 (第一学習社)2009年発行板 より




  唱歌 「夏は来ぬ」 の歌詞 にも

    ほととぎす 早も来鳴きて
     忍音(しのびね) もらす 夏~は 来(き)ぬ  ♪♪ 


テッペンカケタカ テッペンカケタカ ケキョケキョケヨ  と

 秋 にも鳴いているのでしょうか。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR