にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

 水なしの滝

講座で、いまだ パワーポイントがうまく使いこなせず、

昨日の講義では、「スクリーンにうまく映し出せなくては困る」と、
少し早い時間から教室にはいったのですが・・・

ちょっとしたことで、四苦八苦して (汗)、
仕方なく、AV機器サポートセンターに 応援を依頼 (汗)(汗)


   パワーポイント表紙

   パワーポイント2

   出ました! よかった! 


お陰で、この後は順調に進行、事なきに 終了しました。



ところで、

   「天皇に愛された女の物語」と関係の深い、

大覚寺


こちら京都の 大覚寺は、和歌に詠まれた(「百人一首」の55番)
             「名古曾(なこそ)の滝」があったところでもあります。


 3大覚寺からの広沢池


大覚寺から広沢の池の端(はた)を回って進むと、

 8名古曽滝

 このように 和歌も書き示されていました。

滝の音は絶えて久しく なりぬれど
                 名こそ流れてなほ聞こえけれ

                                  
滝の水音が聞こえなくなってから長い年月がたってしまったけれども、
  滝の名だけは世間に流れ伝わって、今でも聞こえていることだ。


大覚寺は、もと嵯峨天皇の離宮があった所で、その庭には滝殿を作って
有名でしたが、平安時代の半ば、藤原公任のころには水は涸れて、滝跡
の形だけが残っているだけでした。

 公任のこの歌によって「名こその滝」と呼ばれるようになったというのは
周知のことですが、

 9滝も含めた庭



 鎌倉時代、 後宇多(ごうだ)上皇が大覚寺を復興された際、涸れていた
名古曾の滝や遣水(やりみず)の一部を改修整備して、水が流れるように
なっていたのだといいます。

そして、ここは後宇多上皇の御所の、謂わば庭先であったというのです。
 
 中御所址
  後宇多(ごうだ)上皇 中御所 築地址


ちなみに、後宇多上皇は、「天皇に愛された女の物語」とする『とはずがたり
の主人公に近いところに居た方になります。

二条を寵愛した後深草天皇の甥、天皇の姫宮の夫にあたる方だからです。



大覚寺は期せずして、私が担当する二つの講座 『とはずがたり』と
百人一首」の、二つの世界が時代を超えて、重なる場所だったのです。


それを伝えたくて、四苦八苦したようなところもありますが(笑)

もっと学ばねばなりません AV機器。

パワーポイントによって、口頭説明以上に、ご理解いただけたのではない
かと、(自己満足?)思っていますので、ハイ。




講座のあとは、大学構内のカフェ で 「おしゃべりカフェ」  

               cafe10_16.jpg


              10月も もう半ばになって、日が短くなってきました。







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR