にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

今日のさくら - ふりゆくものは・・

 昨日の強い風で 満開のさくらは どうなっているかと 気になって、
近くの 公園に行ってみたところ・・・

    ふりゆく桜

 今日のさくらは - しずこころなく はなの散るらむ - のとき も、はや過ぎて・・

 「百人一首」 96番にある

    花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
       (ウ)
                     入道前太政大臣
にゅうどうさきのだいじょうだいじん
 (桜の花をさそい散らす嵐の吹く庭のようすは、まるで花吹雪のようだが、本当にふり
  ゆくものは 桜の花ではなくて、しだいに(古り)老いこんで行く 私自身であることよ。

 

 ・ふりゆくものは→「桜の花が降りゆく」 と 「自分が旧(古)りゆく、老いてゆく」との掛詞。



 今日の気温は低く、陽も差さなくて、降り出しそうな空です。 

 ウ~ン こんな歌を 思い浮かべてしまった!  実感 カナ   




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR