にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

節分

今日は節分

近年 節分 といえば 「恵方巻き」 と
予約販売から始まって、スイーツの“エホウ巻き”まで出ているようですけれど、

我が家には なじみがないので、従来通り いわし と ヒイラギ と 炒り豆 での
年中行事 節分 です。





  ヒイラギ

お手軽に スーパーで 売られている ヒイラギと大豆の空枝
玄関先 に 適当な場所 が ないので  玄関灯につけて


市販の 炒り大豆  食べやすいものを 用意しました。

子供の頃は 大豆を家で煎っていたので もっと噛みごたえのある 豆でした。
恐らく 今なら固くて 年の数だけ食べるのは 無理でしょう。

   豆
 
(昔の炒った大豆は、丈夫な歯でぽりぽり噛むと もっと濃い味がしたものです)


平安時代には 宮中で大晦日の行事として、「追な(ついな)」という行事がありました。
邪鬼や疫病などを打ち払うため、鬼の面をかぶった者を桃の木の矢で射って追い払う
というものでした。

このころには、ヒイラギの枝にイワシの頭を刺して家の門にかかげるという、節分の
飾りも広まったということです。

ヒイラギは毒草でトゲがあり、魔除けの効果があると信じられていました。「豆まき」が
一般の人々の間にまで広まったのは、江戸時代になってからだということです。


    見沼大橋から富士
 
 見沼新大橋から 見えた 富士山      晴れの 寒い冬日 です。

 明日 2月4日 は 立春、   暦の上では  春になりますね!



   



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR