にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

東京ぶらり散歩 -お台場から隅田川を上って浅草へー

今日は比較的暖かく、過ごしやすい冬日でした。

先週の「 お台場」に出かけた日も、良い天気に恵まれて ゆっくりめの朝食を頂いた後

朝食



お台場 はじめて! という私のために  お台場海浜公園を ぶらりお散歩。

odaiba.jpg


正月休みも終わった平日とあって人出も少なく、小春日和のなか見学を楽しみました。


   まずは、これ

ガンダム

「ガンダムフロント東京」前の「機動戦士ガンダム」です。

1979年の放送から30年以上を経て、いまなお進化し続けるガンダムワールドを体験
できる有料施設(一部無料)の前に行ってみました。  「すご~い! おっきいねぇ」


   自由の炎  「これ、なんだろう」

  日仏の友好を讃える  自由の炎  と 書かれていました。

そして、これが、

  自由の女神

     自由の女神像 
      (フランスからの女神像がパリに帰ったあとの 完全復刻像)

   ここから、レインボーブリッジやその背後の東京タワー、ビル群が見渡せます。

   ちょっと、向きをかえて見ると、

  女神のテラスからフジテレビ

    上には フジテレビ   球体展望室「はちたま」も見えます。


海浜公園の海水浴場、海岸沿いには高いビルが並んで、ハワイ ミニ版の体ですね。


  ここから出ている 水上バス に乗りました。

   お台場海浜公園から水上バス

 船上に立って 風を受けながら 海上を眺めるにも 寒くはなくて、

  第三台場史跡公園

  第三台場史跡公園 が 近づいてきました。

1853年(嘉永6年)、ペリー艦隊が来航して幕府に開国を迫りました。幕府は、江戸の
直接防衛のために、洋式の海上砲台を建設。

「お台場」という呼び方は、砲台を置いたところから。幕府に敬意を払って台場に「お」
をつけたもの。 結局使用されることはなかったのですが、 ここに置いてあるのかしら。
     



  水上バスは 「日の出桟橋」で乗り換えて、隅田川 を 上ります。

  水上バス


  深川・芭蕉翁

 水上バスの右側窓に、展望庭園の芭蕉像が小さく見えてきました。(縦の黒い矢印)   
 見晴らしの良い庭園で、隅田川を見つめる芭蕉像が座っています。

ここ深川は、俳人松尾芭蕉が本拠とした草庵が有った土地です。ここにある芭蕉記念
館では、芭蕉に関係する多数の資料を見ることができます。



  浅草・吾妻橋

 浅草に近づくと、「ゆりかもめ」が近くを飛んでいるのが見えました。 ほら、二羽の
「ゆりかもめ」(黒い矢印の下)が、水上駅屋根にとまっています。


 『伊勢物語』の「九段 東下り」に登場する「都鳥(みやこどり)」というのは、
      この 「ゆりかもめ」 とする説が有力です。


 なほゆきゆきて、武蔵の国と下つ総の国との中に、いと大きなる河あり。それをすみだ
 河といふ。

  (中略)  白き鳥の嘴と脚と赤き、しぎの大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。



『伊勢物語』 の「昔おとこ」は、
             このような「都鳥=ゆりかもめ」に歌を詠みかけたのでしょうか。

  名にしおはば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふひとは ありやなしやと  
 (ナニシオワバ イザコトトワン ミヤコドリ ワガオモウヒトワ アリヤナシヤト)
<「みやこ」という名を持っているのならば、おまえにたずねよう。わたしの愛するひとは
   都で無事に暮らしているかどうかと>





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR