にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

こ ぎ つ ね ちゃん


  おみやげ 京都伏見稲荷 に行った時の 


  おみやげ   <こ狐のお顔をかたどった おせんべい>

  食べていいの

  先日 手渡すことが出来て、

  買い求めた私たちも 初めて目にした こぎつねちゃん の お顔

  こぎつね煎餅






なぜ、稲荷神社といえば 狐なのかしら、、、

     稲荷 とは 五穀をつかさどる宇賀御魂命(うかのみたまのみこと) のこと。
    別称は 御饌津神(みけつかみ)。それを三狐神と書きあやまったのが始まり。

また 一説には、狐に対する民間信仰があって、それと結びついて狐が稲荷明神の
使いと信じられるようになったことから。 


   む む む   なんか 狐につままれたような はなし ですねぇ  





  

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR