にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

夏と秋と ゆき交う季節に

   サルスベリ

  夏の花 サルスベリ が まだまだ 綺麗に咲いて、 昼間には蝉の声が聞こえ、


 

 秋の七草の1つ 萩の花が 咲き出したと思ったら、もうこんなに盛りを迎えました。


   萩の花




 鹿のいる 公園 の 原っぱで プラハが  プリプリ(エノコログサ) を摘みました。

       鹿のいる公園

 

                   エノコログサ


                   「これは じぃーじ の プリプリ(エノコログサのこと)」
                   「これは ばぁーば の プリプリ 」
                   「これは  ・ ・ ・  の プリプリ



陽が沈むころになると 虫の音が聞こえ始めて 心地よい風に 秋を感じる季節です。



  『古今和歌集』にある 凡河内 躬恒(おおしこうちのみつね) の歌

    夏と秋と ゆきかふ空の かよひぢは かたへすずしき 風や吹くらむ 
   (夏ト秋ト ユキカウ空ノ カヨイジハ カタエスズシキ 風ヤ吹クラン

   <行く夏と来る秋が行き違いになる空の道では、片側にだけ涼しい風
     が吹いていることだろう。
>  

 行く夏 と 来る秋 が 共存していると感じられるそんな季節を詠んでいます。

でも、きっと「暑さ寒さも彼岸まで」と言い習わすように、この「ゆきあいの季節」も、来週には
すっかり 秋 に移行していることでしょう。








           

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR