にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

栗 の 実

       くり

             栗の実がもうこんなに大きく育っています。

 ここ数日 気温も9月下旬から10月上旬並みとか、先週 までの暑さが うそのようです。

           いよいよ 実りの季節   の到来ですね。 


 


  瓜食(は)めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来りしものそ

    まなかひに もとなかかりて 安眠(やすい)しなさぬ


(瓜を食べると 子供らが思い出される 栗を食べると なおさら偲ばれる 一体 どこから
 やって来たものなのか 子の姿が 眼前に むやみにちらついて 私を眠らせないのだ)

                                          
           『万葉集』 巻五 子等を思ふ歌  山上憶良(やまのうえのおくら)





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR