にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

絵 馬 

    絵馬

神社や寺院に祈願するとき、あるいは祈願した願いが叶ってその謝礼をするときに寺社に奉納
する木の板があります。絵が描かれていてこれを絵馬(えま)と言っています。

馬の絵が描かれていなくても「絵馬」、例えば鎌倉の佐助稲荷神社の絵馬には正面を向いて
ちょこんと座った可愛い狐の絵が描かれていました。


形は五角形の家形が多いようです。しかし、これも上の写真(信州善光寺)のように、形が違っ
た「絵馬」もあります。

共通しているのは、どのような絵柄や形であっても、これらを「絵馬」と呼んでいるということ
です。 それはなぜでしょうか。

昔、神様への奉納品として馬が重視されていました。しかし、馬は貴重で高価なものですから
誰もが奉納できるものではありません。

また、寺社のほうでも数頭の馬になると世話をするのが大変です。そのため、馬を奉納でき
ない者は次第に木や紙、土で作った馬の像で代用したり、名のある絵師に描かせた立派な
馬の絵で代えられるようになっていきます。

室町時代になると、馬だけではなく様々な絵が描かれるようになったといいます。また、江戸
時代には、家内安全や商売繁盛といった実利的な願いをする風習が庶民に広がりました。

そして、絵柄も、書き記す内容も、時代を追うごとにそのバリエーションが広がっていったと
いうことです。


それでもこれらすべてを「絵馬」と呼んでいるのは、発祥が神の乗り物としての馬(神馬)を奉納
することから始まった歴史を、呼び名に残しているということになります。




とはずがたり』巻2 に、恋人である二条さんの居場所を、神のお告げによって知ることが
できたお礼にと、雪のあけぼは 神馬(じんめ)を奉納しています。 この場面 クリックで!




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR