にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

山吹 の 花

道灌(どうかん) 山吹の里 伝説


太田道灌が越生(おごせ)の地にやって来た時、突然のにわか雨に遭ってしまう。
近くに農家があったので立ち寄り、家来に蓑[みの-昔の雨具]を借りたいと
言わせた。


すると、娘が出てきて一輪の山吹の花を差し出したのだった。道灌は、蓑を借り
ようとしたのに花を出され内心腹立たしかったと、後でこの話を家臣にした。


家臣は、「それは 後拾遺和歌集(ごしゅういわかしゅう)にある、兼明親王(かね
あきらしんのう)の歌

七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき
山吹の花は 幾重にも重なってきれいに咲くけれども、実の(蓑)一つさえない
 のは悲しいことだ



に掛けて、貧しい家ゆえに、蓑(実の)ひとつ持ち合わせがないことを奥ゆかしく
答えたのです」と伝えた。


道灌は、古歌を知らなかったことを恥じ、それ以後歌道に励んで、歌人としても名高く
なったということだ。


       山吹__


           山吹の花が咲き出しました。一重の山吹です。



兼明親王(かねあきらしんのう)の歌に詠まれた山吹の花も「八重山吹」ではなくて、
この「ひとえ山吹」だったと私は考えています。


七重も八重も「多くのかさなり」を意味しますが、山吹の花が重なって咲く様子を
いったものではないかと。









コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR