にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

香港 の 朝ご飯

朝8時にホテルから外に出る。既に開いているお店が多いのに驚く。特に飲食店が
活気づいていて、中を伺ってみるとお客さんでいっぱいのところが何件か続いた。


香港では朝食を外でとる人が多い。小さい子供連れの家族もみられて、近隣みんな
一緒に朝ご飯といった風だった。私たちもホテルのレストランではなくて香港の、
伝統的朝ご飯に加わってみることにしたのだった。


 食堂      お店




街の一角をぐるっと廻っただけでも何件もあったけれど、入り口に丸ごとロ-ストチキン
がずらりとぶら下がっていて、蒸籠から湯気が盛んに上がる店の狭い間口を潜る気には
ならなかった。かといって先日入ったファミレス風のお店はメニューも想像できるので、
スープが自慢らしい麺の看板のあるお店に入る。



   中華細麺   すり身団子の麺


細い中華麺の上に、エビと鶏挽肉を包んだワンタンがのる。スープはコクがあり、薄味
だからか、さっぱりとしてとても美味しい。一方は、イカ団子が入る白く透きとおった
平麺。河(ホー)という米粉の麺で、きしめんに似ている。のどごしの良い麺で、弾力の
ある蒲鉾のような食感の具に合っている。

老鶏や豚骨をベースに、干し魚や干しエビなどでダシをとると聞く。店内の隅に小魚や
貝類と思われる乾物も山のように盛った台があった。恐らく、何を、どのような割合で
スープをとるのかは企業秘密なのだろうなと思った。


とにかくスープの味がとてもよい。小どんぶりではあるけれど、朝食には他に何もなく
ても充分満足のいくものである。地元の人と思われる人たちはもっと注文して沢山召し
上がっているようだった。


香港の朝食__  香港の朝食2__






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR