にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

梅の花 咲く



暖かい日が続いています。

大崎公園 左手の坂を上がっていくと、昔懐かしい風景がありました (^_^;)
わたしのふるさとに似てる と思って歩いていると、

5、6歳とみえる男の子が 向こうから歩いてきました。


「こんにちは!」

元気な声がして、わたしも思わず大きな声で、

「こんにちは!」


すれ違って、しばらくしたら 後ろの方で 再び元気な声で 

「こんにちは!」


振り返ると、
畑の中から「こんにちは」と答える人の声

しゃがんで仕事をしてた おじさんに わたしは全く気が付かなかったけれど。


梅が枝
屋敷の塀から 顔を出した 梅が枝 の 花も咲きはじめています。


人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける
                        紀 貫之
  
(あなたは、さあ心変わりをされたのかどうか、そのお心のほどは分かりません。
 昔なじみのこの里では梅の花だけが昔のままの香りで咲き匂っていますね。)





iPhoneから送信

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR