にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

ぷち旅 新年会

ホテル玄関

目白の広大な庭園に包まれた優雅なホテル。「割安の宿泊日に予約が取れたら、
新年会はここでどうかしら」と、友達から嬉しい提案が年内にありまして、

行ってきました「おとなのお泊まり会」


夕刻迫る

夕刻迫る頃になっても時間を気にしなくっていいと思えば、窓の景色も空に浮かん
だ月もロマンチックに見えてきます。


時間はたっぷり許されていて、温水プールやお湯も充分楽しめるはず・・なのに、
なんだか、やっぱり、時間押せ押せ。

おしゃべりタイムオーバーはいつものことだけれど、日付が変わっても、
「あら、もうこんな時間だわ」で済んでしまう「旅」の感覚。

明日の予定を確認して眠りに就きました。



さて、次の朝には-歴史を訪ねる「ぷち旅」-ということで、

まずは庭園を巡った際には


三重塔

広島県竹林寺に創建されたものを起源とする三重塔。

大正14年にこちらに移築され現在に至るそうです。


その篁山(たかむらさん)竹林寺というのは、平安期の歌人として名高い小野篁
(おののたかむら) ゆかりの寺院だとか。


小野篁とは「百人一首」では参議 篁(さんぎたかむら)とある人で、

11 わたの原 八十島(やそしま)かけて こぎ出でぬと 人にはつげよ あまの釣舟
    (広々とした海原を、多くの島に向かって、今 私はこぎ出したと、都にいる
     あの人に告げておくれ、漁師の釣り舟よ。)

    の 歌の作者です。




また、
   冠木門



   こちらの冠木門を出て右折、神田川沿いに1~2分歩くと、ここに、

            「関口芭蕉庵」があります。


   関口芭蕉庵

江戸前期の俳人松尾芭蕉が神田川改修工事に参画した時期に住んだと伝えられる
「龍隠庵(りゅうげあん)」。後にその庵を「関口芭蕉庵」と呼ぶようになりました。
この建物は、昭和20年5月に焼失した後再建されたものだそうです。



   本日お休み

             残念ながら、本日 休庵日。


        再訪の楽しみも残した「ぷち旅」になりました。





<追記>



 ホテルのショップで自分へのみやげに買った「チーフ入れ額」。
 もちろんチーフに描かれた絵に惹かれて求めたものです。 
        画家・田村能理子 



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR