にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

見沼で 年の暮れに

都心に近いにもかかわらず、昔懐かしい自然が残る“見沼田んぼ”に魅せられ、
こちらに越してきました。今年で10年が過ぎて、来年からはまた新たな生活
スタイルを試みたいと思案しながらの年越しです。


  富士とメタセコイア

今日も良く晴れて、メタセコイアの並木の間から真っ白な富士山がみえています。


  エルとお散歩

畑や土手の土には霜柱が見えて、水たまりには薄氷。舗装された道路を歩くのは
さぞ足が冷たかろうと、見沼自然公園のお散歩にしました。 エルマーのために。




   自然公園の沼

公園の中にある沼池です。ここに住み着いている鴨たちに、渡り鳥たちが加わって
賑わっています。水辺の葦や蒲も枯れ、水面を覆っていた蓮、睡蓮などの水草が取
り除かれたので元気な水鳥が泳ぎまわっては 潜る姿がよく見えました。鳴き声を
追いながら、その鳥を探し当てるのも楽しいものです。




   ロウバイの花咲く

   日当たりの良い場所にあるロウバイは、ほぼ満開になっているものもあります。

「梅」の文字を持つこの花の蕾が黄色くなってふくらみ始めると、いよいよ年の暮れ、
新しい年がやってくるなぁと思うようになりました。見沼田んぼには植木畑があるから
でしょうか、ロウバイの木も多いようです。




獨協大学オープンカレッジの講座も今年度が修了すると同時に、来年度へ繋がること
が決まっています。

天皇に愛された女の物語 ー日記文学「とはずがたり」と鎌倉時代ー

12月に、後深草天皇の法体像(出家した後の法衣姿)に逢いたくて足立区にある
お寺にでかけました。


     法受寺の住職と


住職さんから色々お話を伺うこともできて、今後は新たに「『とはずがたり』と
武蔵の国」をテーマにした分野を加えた読みを展開していきたいと考えています。


講座で読んでいるのは、巻二の終盤にかかるところですが、

blog『とはずがたり』公開講座 文字の上をクリックして下さい。)

武蔵の国への紀行文になっている巻四の私訳を、さらに読みやすい文章に修正し
ながらまとめ直しております。鎌倉時代の女ひとり旅に興味をもっていただけたら
幸いです。




一方、よくわかる「百人一首」の世界  と題しました講座では、受講いただい
た方を中心に、「百人一首かるた倶楽部」をつくり、獨協大学の教室を借りての活動
を続けてきました。


100首の和歌ですので、既に受講を終了した方が多くなったところで、講座の自習
との名目で教室を使用することが適わなくなりました。

12月最後のかるた取り練習会が「獨協・百人一首かるた倶楽部」の卒業式になり
ました。


     かるた倶楽部卒業



    
当面は、越谷市の中央公民館 にて活動することが決まっています。今後は大学には
関係なく、どなたでも参加を希望される方をお誘いできることになりました。


来年度からは、又新たに、受講生の方々を中心とした「獨協百人一首の会」ができた
らいいなと思っているところです。


皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。どうぞ、良いお年をお迎え下さい。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR