にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

間違った固定観念

     はな_


文学講座の最終日、「これ、私がつくったものです。どうぞ」と差し出された作品
です。

「えっ! 私につくって下さったんですか」と感激し、ありがたく頂戴しました。



白からピンク、薄いブルーへとグラデーションをなすバラの花。何輪も重なって
全体がやさしい色合いです。

紙質は思ったより硬いもの、ペーパークラフトというのでしょうか。手先が器用では
ない私は、細かい細工にただ感心すると同時に、この方が私よりお若い男性であっ
たことで余計に驚き、感心したのでした。



「ねえ、見て 見て!こんなに細かい折り方。 これをつくった人、男性なのよ~
 すごいよね」

と私が言うと、

「ああ、そうだね。でも、男なのに・・というのは、変じゃないか。僕も時間が
出来たら、編み物とか刺繍とかの 手芸やってみたいと思ってるんだ」

と夫。


「・・・・」



確かに、「男性なのに、すごい」という感想は、私の中にある固定観念からくる
もの・・・ですね。    



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR