にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

散歩みち(東縁コース)の鴨たち

早朝散歩も土、日となりますと、「見沼たんぼの散歩みち」のどのコースにしようかな、
天候も含めてちょっと考えます。

7時~8時代になってしまうと、陽がさしてきて もう暑い。
平日は見ない、犬を連れての散歩する人も多くなるからです。

我が家の愛犬“エルマー”は犬のくせに犬が苦手、
犬とすれ違う時は、(見なかったことにしよう)と言わんばかりに、道の端を
サッサと急ぎ足で耳を立てて、顔は真っ直ぐ前に向けたままで通りぬけようとします。

で、今朝は 朝6時から、陽が昇っても大半が木陰になっていて、道が全天候型道路で
途中雨になってもハネがあがらない「東縁コース」にしました。

東縁散歩コース

人も通らず、鳥のこえだけがしています。

渡り鳥の鴨も少なくなったようですが・・・、

鴨の一家①
いました! 小ガモが4羽、ちっちゃい頭が見えてます。

               ②通りがかり鴨
               通りがかりの鴨が近づくと、親ガモ2羽が警戒して・・・
               攻撃的な鳴きごえをあげながら追い払おうとします。

                                 ③鴨の親子

                            よしよし、これで大丈夫。「もう安心だよ」と

                            泳いでいます。

これらの鴨は、見沼に住み着いた鴨なのでしょうか。それとも渡り鳥ではないカルガモでしょうか。

一ヶ月半ほど前には、まだ鴨が沢山いましたが・・・。

5月、置物かも
えっ 置物なの?

                                 5月置物じゃない鴨
                                    じゃないよね。

カルガモは
カルガモ
 コレです。  

今朝の親子鴨が「カルガモ」で、通りがかりのヤツが、違う鴨なのかな・・・??。

鴨が頭上を飛んで行く姿をみると、
身体が太いだけに、羽根を細かく、激しく動かして・・・力入っているなぁという感じです。

あれで、北の国まで渡っていくのですからすごいですよね。

私も、重くなった身体を運ぶ羽根ならぬ“足”を、今日も鍛えております。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR