にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

イチゴの木

   


色づいた紅葉、黄葉が目を引く中で、深い緑のまんまの イチゴの木


白い花が咲き出したのには もちろん 気づいていたけれど、

     いつの間にか実をつけていたんだね。


   イチゴの実

落ちた実を見つけて 拾って  見上げてみたら、


   イチゴの木に実

つぎつぎと 実がついていく様子が 見て取れる 


このイチゴたちが、真っ赤に色づく頃になると 鳥たちがやってきて 

    み~んな  食べられてしまうのだけれど・・ 



でも、やはり“実り”は嬉しいもので 心が ほっこり  和らぐようだ





(果実の表面はいぼいぼになっていて、真っ赤になった様子がイチゴを連想させる
ところから、「イチゴノキ」の名前がついたとか。 ストロベリーツリィーともいう
そうです。)


iPhoneから送信

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR