にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

夕顔の花

「これ、何んだと思う? 冬瓜かな。 カボチャの種を蒔いた畑に生っていたん
だって」と、 持ち込まれた野菜です。



     これ何だ?

縦の長さが30センチをこえている大きさ、丁度半分に切って、大きなまな板
にのせました。


中は白くて冬瓜のようなのですが、もっと柔らかくて、皮も薄い緑色。まだ成長
途中の冬瓜でしょうか。



ならば、冬瓜の料理にして食べてみようか、ということになりまして、

     お料理

鶏肉と、一緒に だし汁へ醤油と酒に、隠し味程度の砂糖を入れて煮てみました。


     夕顔煮物  生長しきっていない実ならば、
食感にもインパクトがないだろうと、鷹の爪を入れて煮たところ、


つるんとした食感で、これがなかなか 美味しい~! のです。



過日、この野菜の正体が判明しました。

「あのカボチャ畑に出来た 冬瓜は、夕顔なんだってよ~」
「??? 夕顔の実だってこと? エ~ッ 夕顔の花は、あんな野菜になるの!」

と、大いに驚いてしまいました。



以前、夕顔の花の苗を園芸店で買ってきて庭に植えたことがありました。苗は
やがて蕾をつけて、あたりが暗くなるころになると、真っ白な花を開きました。

花の咲く様子は幻想的で、朝顔より大きめの花ではありましたが、可憐でした。

いろいろ説はあるそうですが、これがあの『源氏物語』の中で、源氏に愛された
女性のひとりの名になった花かと感動し、「きっと、扇に載せて差し出した花は
こんな花だったんだわ」と納得したものでした。



あの「夕顔」は、こんな大きな実などつけなかったけれど・・・ナ。この夕顔の
花ってどんななんだろう。



-『源氏物語』の<夕顔の巻>にも登場する「夕顔」-

ある日、源氏が通りかかったところの 宿の女性が、使い馴らした香の漂う扇に
<白い花>を乗せて源氏に差し出させました。その扇に書かれた和歌は、

心あてに それかとぞ見る 白露の 光そへたる 夕顔の花
当て推量ながら光源氏様かとお見受けします。夕顔の花が、白露とあなた様の
 光りで 輝いておりますもの





しかし、『源氏物語』に出てくる「夕顔」は、実を食べる種類のものではなかった
ようですね。なぜならば、夕顔の実(?)が野菜として食べられるものは、少し後の
時代に「丸夕顔」として日本に入ってきたもののようだからです。


     実




花の名を「夕顔」というのは、花が 夕方に咲くところから。夕方に咲いた白い花は
朝になるとしぼんでしまいます。なので、明るい時刻に見ると花はいつも蕾なのです。


     花


あ~ やはり、この夕顔の花は
以前、夜の間ずっと咲いていたあの可憐な白い夕顔の花とは、少し違っているような
気がします。


そこで、「夕顔の花」というものを色々調べてみたところ、私がこれまで「夕顔」だ
と思っていた花は「夜顔」とも言われている花だったことが判明。しかも、新種の園
芸種らしく、平安時代の物語に登場する花とはちょっと違うようなのです。


ともあれ、『源氏物語』にも登場する「夕顔」の一種「丸夕顔」。干瓢になるユウガオ
が、こんなにおいしく食べられるものであることを初めて知った 食体験 でした。



     夕顔のスープに

もう皆さんご存じの料理かもしれませんが、コンソメ味のスープに入れてもこの
夕顔の実はよく合って、とても美味しくいただけました。他には、海老、白しめじ
わかめ が入っています。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今回の冬瓜、でない夕顔の料理、おいしそうね。
私も村の市場で冬瓜でないこの手の品物を見て何だろうと思っていた謎が解けました。 夏の疲れた胃腸を休めるのに最適な料理。
さっそく私も作りま~す v-426 

Re: No title

ぜひ、つくってみて~!
お好みの具材も入れて、夕顔のスープ、美味しいよ v-221
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR