にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

今日は 白露:はくろ

今日は二十四節気の 白露(はくろ)。

な~るほど、これまで経験したことのない猛暑続きの夏でしたが、
今朝はとても涼しい 朝散歩 になりました。

    

PA030032.jpg


sannpomoti.jpg   見沼田んぼ に続く道
 


「百人一首」の37番に、こんな歌があります。

白露(しらつゆ)に 風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける
                    
白く光る露に風が吹き付ける秋の野は、あたかも糸で貫き止めていない玉が
    散り乱れるかのように見えることだなあ。


この歌、文屋朝康(ふんやのあさやす)が、歌合(うたあわせ)の席で、秋の野原
の風景を思い浮かべて詠んだ歌です。 (^_-)-☆


野原に生い茂った葉についた露。風にふき飛ばされて、きらきらと輝きながら
辺りに散っていく様子を、ぱらぱらこぼれ散る真珠(宝石)に見立てています。

そうそう、そうなんですよね。一昨年の Diaryを見てみると・・  (^_^;)

白露(はくろ)の頃はこんなでした文字の上をクリックして覗いてみて下さい。



iPhoneから送信

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR