にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

確かな 秋 の気配!


   tuki.jpg

昨夜の東京の月です。旧暦ですと7月14日、 小望月。さいたまの夜空では
見ることができませんでした。


プラハたちを送って行った帰り道、集く虫のね と 微かな夜風に 秋の気配が、


秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ 驚かれぬる


連日の猛暑日で、夜になっても気温が下がらず 風に 秋を 感じることが難しい
今年の 8月下旬です。でも、確かに 虫のね が 聞こえるようになりました。




日曜日の朝 散歩をした 見沼田んぼの 東縁(ひがしべり)。 8時を過ぎると
日差しも強くなって、気温も上昇中なのですが、時折吹く風が 心地よくて、、


    散歩道


うるさい程の 蝉の合唱に交じって、負けじとばかり 虫が鳴いていました。

こんな、終わりがないかのように感じられる夏日の中にも、秋の到来を感じ
たものです。


そんな虫の音に導かれて、久しぶりに 鷲宮神社の方に廻って 参拝してきました。


   鷲宮

社伝によれば、平安期に、兄である 源 義家(よしいえ)を援けようと、新羅三郎
義光(よしみつ)が 奥州街道を下向する途次に、当地に於いて奇瑞を感じた。

そこで、祠(ほこら)を建てて鷲明神を奉斉した という神社です。鎌倉幕府を
開いた 源頼朝 から遡ると、新羅三郎(しんらさぶろう)義光 は、4代前に
なります。

その時代の、ここら辺り・・・ちょっと想像できません。




先週の“月遅れ盆”あたりから 毎夜月がとっても きれいでした。今夜が 満月
なのですが、雨の予報なので 今月今夜の月 は 見ることができないでしょう。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR