にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

曇り 時々 雨 の 鎌倉 でした ♪

<6月20日の>    天皇に愛された女の物語 
             -日記文学「とはずがたり」と鎌倉時代-
  日帰りツアー


              鎌倉 を 歩く           


     1 長谷寺

鎌倉駅 で集合 江ノ電に乗って <長谷>まで。
                長谷寺「あじさい散策路の待ち時間45分」だって


     前のお店でお食事

          なので、先にお食事を。
鎌倉に詳しい方のアドバイス。「この時期、お昼の予約は出来ません。11時過ぎ
位ならば、席を確保できますよ!」  11時20分ごろから まずは腹ごしらえ

お陰で総勢15人、 一緒にお話しながら 昼食をとることできました。


     3放生池
       <長谷寺庭園 放生池(ほうじょういけ)>

                      
               3秋の放生池

               こちらの お庭 - 秋 はこんなに 紅葉 がきれいです!


     4洞内
       
             弁天窟 弁天様と十六童子が浮かび上がります。


     5長谷観音

     観音堂 長谷観音は 高さ9、18メートル の木彫刻 撮影禁止 なので・・



     はせ十一面観音   TV映像 より


     6湘南海岸

        見晴台 から由比ヶ浜を見る。 



    7紫陽花の小道
 
     散策路の紫陽花は、経蔵 の側から見上げるだけにしておきました。

   眺望散策路なので、天気が良ければ遠く逗子・葉山まで一望できるビュースポット。




     8鎌倉大仏

    鎌倉大仏さまは ちょっと猫背? 丸い玉の髪(らほつ)は656個あるって


11与謝野晶子碑

かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな  与謝野晶子 碑



10わらじ

   巨大な大仏さまの わらじ   茨城県の子供会作  重さ45kg


鎌倉大仏 オバマさんが食べたという抹茶アイス が 話題になっているようですが、、

そちらではなくて、ず~と昔に、入ったことあったようで、、記憶に薄い 大仏さまの胎内へ、、

     9大仏胎内



大仏さま を後にして、長谷寺の駐車場から 抜け道 小道 を通って、、

     12御霊神社

 御霊神社 祭神は剛勇な人物として知られた 鎌倉権五郎景政(ごんごろう かげまさ) 


13袂石 境内にある 手玉石・袂石







14江ノ電線路  15江ノ電通過

   境内から、江ノ電の線路を渡って、出たところ、  電車が通過しました。





     16坂の下
 
    坂の下  力餅(権五郎餅)を 売る お店のところから
    極楽寺 の方へ、極楽寺切通 登りになっている道です。二条さんが歩いた道かも・・・

16力餅   お餅の写真撮るの忘れたし~ 
 「力餅 美味しかったよ


16星ノ井

道路沿いにある「星ノ井」は「鎌倉十井」の一つ。

井戸の水は清らかで美味だったそうで、昭和初期まで旅人に飲料水として売られていた
そうです。

     

・・・・・道路を渡って、石段を上ります。・・・・・


     17成就院の紫陽花
 
 
  成就院の紫陽花  般若心経の文字に合わせ 262株 の紫陽花が植えられている。



     18海の見える風景

        石段をのぼると、海が見えるよ

成就院を参拝して、のぼって来た石段の 反対側に降りると、もうそこから極楽寺

     19極楽寺

かつては七堂伽藍と多くの支院を持つ大寺院でした。二条さんもここへ。

『十六夜日記』の阿仏尼も来たところデス。 
東にて住む所は、 月影の谷(つきかげのやつ)とぞいふなる」(『十六夜日記』)


江ノ電 極楽寺駅 から 鎌倉駅 に戻りました。小町通り は混雑が予想されたので、

鎌倉に詳しい MONONOHUさん の案内で、駅西口の カフェ併設洋菓子店へ。


万歩計は 8,000歩 前後になっていたようで、貸し切りで お茶 して足を休め

鎌倉駅で おとな解散 しました。


私は、ホーム で おみやげ 兼 夕食 まで調達して、帰途につきました。


                  azino.jpg  
 
     

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR