にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

いちはつ の 花咲く 春

外に出れば つぎつぎと 咲き出す花々を 順次 楽しむことの出来る 季節です。

 
     バス停 に急ぐ道で、お庭に咲く 白い花に 足が止まりました。

    いちはつ1

いちはつの 花咲き出でて 我が目には
              今年ばかりの 春ゆかんとす


アヤメ科の中では、いちばん初めに咲き出すので 一初(いちはつ) の名があるとか。


正岡子規 が病床で ‘これが自分の人生最後の春’と思い 眺めた いちはつの花

この短歌で 花の名前を覚え、毎年この花を見ると 子規の歌が 浮かびます。

   いちはつ2 こちらのいちはつが咲くのも もうすぐ。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR