にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

やはり、犯人は・・・君だった!

今日は節分です。お店には「恵方巻」がずらりと並んでいました。いつのまにか
関東でも節分に「恵方まき」を食べるというのが行事になりつつあるようですが、

どうも、昔からの習慣としての馴染みがない我が家では 今年も「豆」と「鰯」を
食べるだけにしておきました。



食事の前に「炒り豆」を、律儀にも年の数だけ数えて食べたところ、結構お腹一杯
になってしまって苦笑。そして、今年も家の中で豆を撒くことだけは省略すること
にしました。

ちょっと、大変なことになりそうな予感がするからです。といいますのは、


先日のことですが、鍋料理に使った白菜を、必要な枚数の葉を剥がした後、台の上
に乗せたまま忘れていたのです。さて、冷蔵庫にしまおうとした時気づきました。

なんか、白菜の形が変? 床屋に行ったように葉先がちょっと、きれいにカット
されたみたい。えっ 気のせい かな~ ??。



うん、もしかして、、、まさかねーーー 
ためしに、もとの台の上に戻して置くと、

       白菜



やっぱり 犯人は 君だった!

       白菜とエルマー

昼間寝ている時間が多くなったエルマーですが、食欲は旺盛 なんでもかんでも
食べてしまうので 目が離せません。


病院通いから解放されて、元気を取り戻してきたのは有難く 嬉しくもあるのですが、
食べる物や量には ちょっと注意が必要 というわけなのです。




立春の前日の節分に豆を撒く「豆まき」の行事は中国から伝わってきたものとか。

日本の年中行事として 大晦日に行われるものに「追儺(ついな)」がありました。

鬼やらい」ともいい、疫病の鬼を追い払う儀式でした。

追な
                                『公事十二ヶ月絵巻』

一年間の邪鬼の象徴である鬼を、桃の弓、蘆(あし)の矢で追い払うというものです。
弓や矢が、鬼が嫌うという「豆」に変わって、近世以降、これが民間の節分の行事
となったということです。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しました。
「見たよ」の印に、にほんブログ村の文字をクリックしていただけますと嬉しいです。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR