にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

鏡開き

1月11日に「鏡開き」をしました。お餅は家族の希望でまずは「お汁粉」にして
いただきましたが、残りは雑煮や焼き餅にしてお腹に納め「無病息災」を願うこと
にいたしましょう。

「開く」という言い方は「末広がり」を意味する縁起のよい言葉に言い換えられた
もの、家で搗いたお餅で鏡餅にして、小正月(1月15日)までお供えしておくと
すっかり固くなってしまうので、鏡餅は「割って」食べるものだったとか。

さらに、鏡餅を食べることで「歯固め」をするのだと聞いて驚きました。

硬いものを食べることで歯を丈夫にし、年神様に長寿を祈るのだといいます。


今年の正月、孫が丁度100日目を迎えましたので、我が家で「お食い初め」をし
ました。

その際に行った「丈夫な歯が生えますように」と小石を口に当てる「歯固め」と、
鏡開きのお餅での「歯固め」が重なって、思わず注目。

なるほど、子供の頃に経験したあのひび割れるほどに硬くなった鏡餅はまるで石の
ようでしたねえ。



     祝い膳     鏡餅のカット

      お食い初めの「祝い膳」。

「一生涯食べることに困りませんように」と 言いながら我が子の口にたべものを
 当てる母親の姿が、一番心に残る光景でした。





にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
 ▲
にほんブログ村
ブログランキングに参加しました。
 見たよの印に、上の「古典文学」をクリックしていただけると嬉しいです。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR