にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

かるた倶楽部 の 大人遠足

14日の 埼玉県民の日 に 獨協大学オープンカレッジかるた倶楽部 で

大人遠足

群馬県 板倉にある 雷電神社 と 高鳥天満宮 に 行ってきました。

     フリー乗車券

‘宇治川の君’提案 この 一日フリー乗車券 を使って!


     ノンステップバス巡回

駅西口前からの巡回バスに乗車。(バス代 200円 但し、65歳以上100円 70歳以上は無料)


     板倉の紅葉1

バスはまず 板倉東洋大学構内のバスストップへ。青い空のもと、色鮮やかな紅葉が映えて

楽しい秋の遠足 気分です




「役場入口」(11分乗車)で降車、旧参道を辿りながら雷電神社へ


     雷電前の記念撮影
板倉の雷電神社前で集合写真。関東一円に分布する雷電神社の総本社で館林藩主
徳川綱吉に葵の紋の使用を許された名社です。


拝殿、本殿、奥宮をお参り見学しながら向こうに抜けて、道路を挟んである社務所。

     鯰さん

こちらへも お寄り下さい。「なまずさん」と書いた旗があるので進んで行くと、

     なまずさん

 正面に大きな 鯰が横たわっていました。鯰を撫でて「力をいただく」とか。

多くの人に撫でられてピカピカ、つやつや。  前には可愛い雷さまのご愛敬。


そうそう、正面 鳥居の前には門前町ふうに 鰻を出すお店がありましたけれど、

     鯰




私達は再び 板倉東洋大前駅 に巡回バスで戻り、紹介していただいたお食事処へ。


     お食事

上州の豚は柔らかくて美味しいということで、お薦めの「ソースカツ丼」500円、
「お魚定食」は品数多くてデザートもついて800円、「生姜焼き定食」などをたべ
ました。

「美味しかったわね」と好評。新しく出来たお店でしょうか、7月に来たときには
駅前にお食事する処がなくて困った記憶があるのですけれど・・・。


側の広場(お庭)で、こんなこともさせて頂きました。


     野外かるた

「野立(のたて)」ならぬ「野かるた」(春日部の小町さんの命名?)です。



さ~て、それでは 菅原道真公が御祭神の 高鳥天満宮へと
向かいましょうか。

「百人一首」24首目に、 菅家(かんけ)の名でこの歌が採られています。

このたびは ぬさもとりあへず 手向け山 もみぢの錦 神のまにまに  
今度の旅は急なことでお供えする幣も用意することができませんでした
 ので、さしあたってこの手向山<たむけやま>の美しい錦のような紅葉を
 お供えいたします。神様の御心のままにお受け取りください






今度は東口駅前で、巡回バスを待って乗車、13分で南小学校前のバス停で降車、

徒歩7分程で 高鳥天満宮 です。 「前の天満宮のご紹介」(←クリックで)


     天井画

拝殿天井画「百人一首歌仙絵」について説明も受けました。

それぞれの絵に特徴がみられ大変興味ひかれる99首の絵でした。菅原道真公が
御祭神なので、その1首は上間の天井に、他の歌より少し大きめに描かれている
とのことでした。
                          01NOV11A.jpg




それにしても、天候にも恵まれて紅葉が進む美しい風景の中、貴重な歴史文化に触
れることが出来た今日の 大人遠足。

道々で目に触れた植物や野菜や地方の食についても、さすが“大人女子”の知識
はそれぞれに豊かです。なので、交流のたのしいこと、学ぶことも多くてお喋り
は尽きません。


講座での標語「仲間が広がる 学びが深まる」通り、今回は新たな仲間も加わって
素敵な一日を過ごすことができました。

板倉「水場の風景を守る会」のシバハラさん、大変お世話になりありがとうござ
いました。

「生活の中での歴史的文化遺産」を保存伝承していこうという活動をなさってい
るとのお話に感銘をうけました。

私達も日本の伝統文化である「百人一首」を学び、まず自分達が楽しむことに
よって、広げ、伝えていくことを実践していることになるのだぁと、改めて思い
ました。




「見たよ」の印にポチっとクリック お願いします

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは
ブログを拝見しました
楽しそうね
青い空のもと
色鮮やかな紅葉が映えて
楽しい秋の遠足 気分です

No title

こんにちは
ブログを拝見しました
楽しそうね
秋の野草や色づいた実に出会うと
嬉しくなります。
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR