にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

ザルツブルグ音楽祭を追いかけて

<ザルツブルグ音楽祭とサウンドオブミュージック>

9月29日(土)、30日(日) 獨協埼玉中学高等学校の 蛙鳴祭(あめいさい)で
吹奏楽部の演奏。この夏参加したザルツブルク音楽祭(オーストリア)での演奏写
真が紹介されていました。

すべて世界遺産のところです。「遠く日本から招待されてやってきた若き演奏者
の様子を、日本の関係者の方々にも是非見ていただきたい」と撮って頂いたもの
だそうです。

   シェーンブルン宮殿にて演奏


   シェーンブルン宮殿庭園

ホームページの最新情報へは、こちら (← クリック)からお入り下さい。



私は9月21日から22日 にかけてオーストリアのウイーン、ザルツカンマー
グート地方を通ってハルシュタットへ、その後ザルツブツクに行きました。

なので、「シェーンブルン宮殿での演奏風景」が


まるで現地で見ていたかのように目に浮かびました。



     シェーンブルン宮殿

     シェーンブルン宮殿

ハプスブルク家の「夏の離宮」。リア・テレジア・イエローと呼ばれる明るい黄色
の外観が映える壮麗な宮殿です。

「フランスのベルサイユ宮殿に匹敵する宮殿を」という時の皇帝レオポルト1世の
命によって1696年に着工。その後 紆余曲折あって、1749年にはバロックと
ロココの様式をもつ美しい宮殿が完成しました。

ナポレオンの占領やウィ-ン会議など、数々の歴史ドラマの舞台となった場所でも
あります。



     庭園

      シェーンブルン宮殿の庭園

宮殿の裏手にあたる広い庭園。高台に立つグロリエッテにはカフエもあるとのこと
でしたが、宮殿の内外 広くて、大きくて、もうそこまでとても見学してまわる時
間はありませんでした。

     人1

     じぃ~と、見てたら ???


     人2

     ワァ~ァァ動いた!  人間だったのね。 

一緒に記念写真を撮る人には大サービスのポーズ をとってくれますよ。



ウイーンの後は、

ザルツカンマーグート地方を通ってハルシュタットへ。

ケルト文明の地として発達してきた歴史ある街です。

     インスブルク


ハルシュッタト湖の湖岸に広がる小さな街は、1997年、ユネスコの世界遺産に
登録されました。


モーツァルトの母が生まれた街「ザンクト・ギルゲン」や、ミュージカル「サウン
ド・オブ・ミュ-ジック」の舞台となった美しい自然にうっとりしながら 


ザルツブルグに到着。この街に着いたら雨模様に・・・。 



サウンド・オブ・ミュ-ジック」の名シーンがよみがえる・・・


ミラベル宮殿噴水




ミラベル庭園。マリアと子供達が楽しそうにドレミの歌を歌いながら、噴水の周り
を行進し、アーチ状の木立の下で駆けっこをするシーンでした。

庭園は18世紀の造園。



カラヤンの生家も通り、ゲトライデ通りに面したモーツァルトの生家の前まで行き
ましたが、

   モーツァルトの生家



モーツァルトは1756年1月27日の夜に、この建物の4階で誕生した。見学は
午後4時までということで、もう時間がなくなり、残念ながら見ることができませ
んでした。

ザルツブルク音楽祭の主会場となる大ホール。ビール祭りの会場も雨の中。


   通り


ゲトライデ通りのショップも早くに閉店となってしまって、気分未消化状態デシタ。




   ホーエンザルツブルク城塞


「ホーエンザルツブルク城塞」も雨に煙って、やがて闇に沈んでいきました。内部には
城塞の歴史を展示する城塞博物館やマリオネット博物館などがあるということです。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

海外で演奏

シェーンブルグ宮殿の前の庭とは聞いていたけど、まさか、
あのきれいなマーブル模様の前での演奏とは想像してい
ませんでした。 最高の経験ですね。 生徒たちも付いて
行った保護者の方たちも、人生もっとも興奮した経験の一つ
として思い出に残ることでしょう。  

Re: 海外で演奏

そうなんですよね。この度、私は 彼らが演奏したという場所の、たった二ヵ所(ミラベル庭園と)
へ行く機会を得ただけですが、「なんて すごいことか!」と鳥肌が立つほどの感動をおぼえました。
大聖堂での演奏時には、指揮をなさった先生もあまりの名誉なことに こみ上げるものを押さえきれ
ないほどだったそうです。 
現地では新聞にも取り上げられていますし、生徒たちもお行儀のよい名演奏者たちと高い評価も得る
など、忘れられない貴重な体験だったことでしょう。

さらなる驚き

新たな写真が増えていて、獨協のホームページも見てみました。
えぇーっ、あの大広間での演奏はホーフブルグ宮殿の中ですか?
あり得ない栄誉ですね!! シェーンブルグ宮殿の中庭の栄誉どころではない。 モーツアルトと同じ場所での演奏! たかが日本から来た高校生にこんな丁重なもてなしをしてくれるなんて、オーストラリア政府はなんて心が広いんでしょう。 そして、その名誉に恥じない演奏とマナーを披露した獨協のメンバーたちに心からの拍手を送ります。 

Re: さらなる驚き


> あり得ない栄誉ですね!! シェーンブルグ宮殿の中庭の栄誉どころではない。 モーツアルトと同じ場所での演奏! たかが日本から来た高校生にこんな丁重なもてなしをしてくれるなんて、オーストリア政府はなんて心が広いんでしょう。 

そうなんですよ!最初はミッドヨーロッパ音楽祭の関係者で日本の方の耳に留まったのが始まり、「海外で演奏しませんか」とのお誘いを受けたらしいですね。そこでの演奏が「ブラボー、ブラボー」の大喝采を受けたとか。次年度からは演奏を聴きに来ていたオーストリア関係者からの招待での遠征になっているようです。今年度はザルツブルグ音楽祭に参加、吹奏楽らしからぬクラシック音楽の演奏で、好評だったということでした。
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR