にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

太巻き寿司

家族も多く、人を招くこともあった頃には度々作った「太巻き寿司」ですが、
一昨年のブログで取り上げたところ、作り方を紹介してほしいとのリクエストを
いただきました。

3合のご飯に 具と、野菜と、漬物と、一本に全部巻いてしまう「太巻き」

<残っても困るわよ。そんなに食べる家族も、もういないでしょうに。>



あぁ、そうじゃないんだ。夫婦2人になった家庭にも、今度は子供達が家族と一緒に
やって来るようになったのですね。

直径10cm ある大きなお寿司に、きっと 目を丸くされることでしょう。




<材料>
 海苔 7枚半・インゲンなど青い物・海老又は貝類・胡麻(白)・ユカリ
 ・卵 8個・ホーレン草1束・ガリ


①米(3cup)を洗い、水を切って酒(1/2cup)塩(小さじ1)
 だし昆布10cmのもの1枚入れて硬めに炊く。

②卵8個は錦糸卵にしておく。

③中に混ぜる具4種を用意する。
 イ、海老は塩、酒、みりん等で濃いめに調味。炒り煮して、  小口切り。
 ロ、青物は小口切りして、イと同様に調味汁で炒り煮して汁気を良く切る。
 ハ、ユカリ、 
 ニ、白胡麻、

     1_20120509221243.jpg



④ホーレン草は熱湯に多めの塩でサッとゆで上げ、きっちりしぼって塩、みりんを
 ふりかけて、濃いめに調味したものを、使用するまでつけておく。

 きっちりと良くしぼったものを2~3cmに切って使用する。

⑤卵8個はボールに割り入れ、よくといて漉し器等で漉してから、砂糖(大さじ8)、
 塩(小さじ1)をよく混ぜる。
 
 卵1個分で1枚の割合で薄焼き卵を作り、半分に切ってから千切りにして金糸卵にする。

⑥ガリは汁をよくしぼって使用する。

⑦寿司桶にご飯を移して、合わせ酢(砂糖大さじ3・酢80cc)をふりかけて、切る様に混ぜ
 ながらさます。


     2_20120509221315.jpg



4等分に分けて、それぞれの具(イ~ニ)を混ぜ込む。

     3_20120509221505.jpg


⑧海苔の、2枚を貼り合わせておいて、


    4_20120509221614.jpg
     この巻き簀は大きい物を使用しています。




4種類(海老貝類、青物入り、ゆかり、胡麻)の酢飯をそれぞれに3等分にしたものを、
順に手前から、全体の1/6のところまでに置いていく。間に海苔の半分に切ったものを
入れる。

     5_20120509221900.jpg


これを2回行う。(酢飯のそれぞれ1/3は残しておく。)

     6_20120509221933.jpg

⑨錦糸玉子を全体にのせ、海苔1枚を手前にのせ、半分に切った海苔を向こうにのせる。

     7_20120509222054.jpg


⑩よく、まな板等で押してから全体の1/4のところまで、残りの酢飯を前と同じようにおく。

 海苔をのせて、ホウレン草、ガリを並べて手前におき、巻いていく。

  
     9.jpg

中を手で押さえながら、巻き簀でしっかり巻く。

ひも等でしばってしばらく置いてから切るとよい。


     出来上がり

あっ 円の形が少し曲がってる! 整えてから撮ればよかったな 

<ユカリ入りのふりかけ>を使ったけれど、ユカリだともっと赤色がきれいに出るよ。

寿司飯の置き方や、ホウレンソウとガリの置く位置で、模様を変えられるので試してね。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR