にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

バレンタイン に 芋ようかん


バレンタインに 芋ようかんを」と、確かに書いてありました。

先日、薩摩芋だけでつくる「元祖芋ようかん」があるという足利に行ってきました。

おじいちゃん(義父)に贈るバレンタインの品を、今年は<芋ようかん>にしようと
思いついたのです。

     舟定店舗

        おり姫菓子処 舟定

元祖 芋ようかん は、舟定2代目が自然の味を大切にと工夫に工夫を重ねて創案した
秘伝の味、和菓子の逸品です。
と書かれてました。

元祖」 「秘伝の味」の言葉に重みを感じますね。

浅草の<和菓子舟和 の芋ようかん>がありますが、こちら定吉さんが兄弟子だったと
か。  足利市の <舟定 の芋ようかん> が元祖なのだ ということですかね。




     芋ようかん

本当に薩摩芋そのもののお味でありながら、上品な味わいの和菓子でした。


今頃は、おじいちゃんのお口へ運ばれて「バレンタインには芋ようかん♪」になって
いることでしょう。




そして、足利には他にも よく知られた蕎麦屋があるということで、行ってみました。

11時半開店 の札が立てられていました。が、
30分前から、もう前の駐車場に車を止めてお店が空くのを待っている人がいます。

     一茶庵
      足利一茶庵蕎麦打ち(製法)を学ぼうと、足利まで多くの人がやって来て、
「足利詣で」という言葉が生まれたとも。



     更級蕎麦

「さらしなそば」を注文しました。

細くて、白い。見た目はソーメンのようでも、しこしことした歯触りの蕎麦。
これも美味しくて、蕎麦好きな義父の顔が浮かびます。

乾麺も売られていたので、買って帰りました。「さらしな」よりは蕎麦の色、
気持ち太い蕎麦。この蕎麦も贈ることに。


じいちゃんのバレンタインには<芋ようかん>と蕎麦♪



それでも、来月は、いつも通りの<六花亭ストロベリーチョコホワイト>

待ってま~す。    


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR