にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

香の物


これ、“お料理” とは言えない かもしれませんが、義母から教わったものなんです。

丁度冷蔵庫を開けたら 材料が残っていたので作ってみました。


     恵方巻?

こう見えても、決して 恵方巻 ではありません!たまたま今日が節分なだけです。

切り分けると、

     切り分け

やっぱり、巻寿司 に見えてしまいますね。ちょっと太すぎたようです。 


実は、これ 懐石(茶の湯で茶を出す前に出る簡単な食事)の一品‘香物’です。

各種の漬物(と言っても 何でも良いというわけではないのですが)を海苔で巻きます。



材料は、

     材料

海苔は 1枚(全体を巻く)・1/2のものを1枚・1/3のものを2枚 用意します。
中に巻く漬物は みそ漬けや醤油漬け、 がり(甘酢ショウガの薄切り)、大葉


     
まず、

     作り方1
①がり はしっかり絞って、1/3の海苔に がりだけで巻いたものを 2本つくる。

②1/2枚の海苔に、ごぼうの漬物をしっかり巻く。

 自家製の‘ごぼう醤油漬け’(細牛蒡を軽く茹でて めんつゆに漬けておいたもの)が
 あったので、そのまま使いましたが、みそ漬けで太いもの場合は細く切って使います。

 

     作り方2
③1枚の海苔を簀巻きの上に広げ、①を2本置く。その上に大葉を3枚並べて、その上に
 ②を間に置く。


     作り方3
④大根の味噌漬けを80~100g用意します。ちょっと足りなかったので、ナスのみそ漬けを
 足しました。1cm角に切っておいたものを、がり巻を挟むような形で置きます。

⑤その上に残った大葉(7枚くらい)すべてを上に置いて、しっかり巻きます。
 海苔で巻いたものは、巻口を下にしてしばらく置くとしっかりとまります。

⑥海苔巻き寿司を切るように、一口大に切ります。


     取り分け

やはり、ちょっと大きかった  一口で食べられるぐらいの大きさじゃないと、
お品良く“香物”です とは言えないかな。

この中の、ごぼうの醤油漬け が美味しく出来ていたので(自画自賛)入れ過ぎたみたい。
細ごぼう漬け5本を巻いたけれど、これなら3本でよかったわ。



実はね、「これだけの材料、何も手をかけてわざわざ形作らなくっても それぞれを食べれば
一緒じゃない」と思ったのですが、全然 違うということが、食べてみて初めて分かりました。

紫蘇と、海苔の風味が漬物とちょうどよいハーモニーを醸し出して美味しいんです!


ぜひ、お試し下さい。




「この 組み合わせなら こんな味になるかな」 と、想像する以上に 美味しくなるものを
もうひとつ      


     豆乳カルピス
濃縮カルピス と 豆乳を 1:4 に混ぜて、シナモンを上に振り入れてます。

私は豆乳にしましたが、牛乳があうそうです。またカルピスとの割合は好みで調節してみて下さい。

トロリとした食感になりますよ。     







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR