にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

『問はず語り』との出会い

今日 メール便でこのような本が届きました。

     問はず語りとの出会い

    『問はず語り』との出会い  井澤宣子著 文芸社 2007年発行

届くのを待ち望んでいましたので、仕事を中断して読み始めたところです。


著者は、「源氏物語を読む会」に端を発した古典文学の勉強会を通して『問はず語り』
という作品に出会ったということです。

岩波文庫『問はず語り』をテキストとして約3年間、古語辞典を頼りに通訳しながらの
勉強会の中で、作者でもある主人公二条に魅せられます。また、中世の女房たちにも思
いが及び、その時代背景と共に研究した成果をこの一冊にまとめられました。

前書きには「もとより学問的裏付けは乏しく、一人の古典文学愛好家として、独りよが
りの感想となるとは思います」との謙辞がありますが、決して主観的読みに留まるもの
ではありません。

研究書の類ではありませんが、『とはずがたり』を中世という時代の世相を反映する作
品として捉えて同種同時代の作品との対照読みの章が設けられており、深い読みが期待
される本です。




先日、某大学院の会合に出席した折、私が獨協大学オープンカレッジの講座で『とはず
がたり』を読んでいるとお話しためにこの本を紹介いただけました。

著者とはお知り合いだということでした。この本をお送りいただいた方ご自身は今昔物
語集の研究者で、古典文学の魅力に取り憑かれ、年齢を重ねてから大学院に入学した方
です。


その後の宴席で『とはずがたり』の話で盛り上がっていたところ、隣の席に座っていた
大学院生が「私、学部生のときに先生の「とはずがたり」の講義 受講してました!」と
突然の発言。

大教室でマイクが必要な授業でしたので、学生の顔はほとんど覚えていないのが実情。

「あら、そうだったの!」と答えて、ちょっと汗をかきましたけれど・・・。


事程左様に

その日は、私にとって色々な面で “『とはずがたり』での出会い”があったのです。


     P1230014.jpg

寒空には上弦の月が、街のイルミネーション を尻目に崇高に輝いている夜でした。 






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

核となるのもを

しっかりと持たれているので、羨ましいです。
私の方は、全てが中途半端でどうしよう状態です(笑)。

Re: 核となるのもを

私には、これしか能がないだけですよ(笑)。
色々なことに挑戦し、こなしてしまわれる方々はすごいなと
思うのですけれど、年齢を重ねてくるとマイペースで揺らが
(揺ら?)なくなってくることもありますかね。
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR