にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

東京上野 ちょこっと 散策

今年も義母が、東京での‘初釜’出席の為に上京しました。こちらに滞在中 空いて
いる日にちょこっとお出かけ。

16日は、おなじみの上野を散策 をしてみることにしました。


上野駅の一つ手前、鶯谷で下車。寛永寺方面へ陸橋を渡ります。

上野公園のほとんどがかつての境内だったという東叡山寛永寺。

     寛永寺


本堂にあたる根本中堂です。

山号は東の比叡山という意味で東叡山とされました。寺号も比叡山延暦寺と同様に、
創建時の元号を使用して「寛永寺」と命名されています。

そして、最澄上人(さいちょうしょうにん)が開いた延暦寺が朝廷の安穏を祈り京都
御所の鬼門に位置した鎮護国家の道場であったことにならい、

こちら東叡山寛永寺は天海大僧正(てんかいだいそうじょう)によって徳川幕府の安泰
と万民の平安を祈願するために、江戸城の鬼門にあたる上野に建立されました。



根本中堂を後にして通りを左折すると、
「国際子ども図書館」の建物が通り沿い右手にあります。

     国際こども図書館

ネオ・ルネッサンス調の風格のある建築です。



次に、東京国立博物館とは反対側へ右折、「東京芸術大学」通りに出ました。
往時の建築のまま残されているとみえる建築物もあって歴史の重みを感じさせられま
すね。


P1150018.jpg



     東京芸術大学





陽射しの薄い冬日、ゆっくり、ぶらりの散策では身体は冷えるばかり。ちょっとお休み
したい素敵な日本茶屋が見えてきました。

     桃林堂
          和菓子の「桃林堂」


ここで、ちょっと一休み。茶菓子のお話などを義母から聞きながら、お抹茶をいただき
ました。

P1150020.jpg







この付近も古い民家が散見される静かな通りです。



次に「護国院」をお参りします。

     護国院


寛永寺の子院で、谷中七福神大黒天の札所でもあります。財福を祈願しまして、
「都立上野高校」に沿って左折しながら坂を降りていきますと、




森鴎外住居跡に建つ「水月ホテル鴎外荘」の看板が目に飛び込んできました。

     森鴎外旧居跡

一隅に旧居を伝える石碑が建ち、鴎外はこの地で『舞姫』を執筆したとの説明があり
ましたが、森鴎外にはそぐわない施設が そこには建ってしまっているようです。


続いて不忍池の畔に建つ弁天堂、引き返して上野公園に入って上野の東照宮、上野大仏、
清水観音堂を巡り、お食事処「韻松亭」に入りました。



ランチメニューでの予約でしたが、落ち着いた個室に通されました。
月曜日は比較的空くのかもしれませんね。

     韻松亭部屋

茶室特有の出入り口である躙り口があります。


日本文化と和膳を味わえるお食事処、時々外国の方を見かけるのは日本の文化を知って
もらうのにも丁度良いからなのでしょう。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR