にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

卯 から 辰 へ

     卯
                   卯 年

今年も、残り1日となりましたね。

何んとか お正月がくるかな、という程度にお掃除をすませ‘もちっこ’でお餅も
搗きました。

今年は大掃除には 断捨離 をと意気込んではいたのですが、年の瀬(せ)い
しょうか、徹底的に とはいきませんでしたね。そこで、

 断捨離を する体力も失せ 年の暮れ

なんて 思いながら歩いてたら こんな光景に 出会いました


     珍百景犬が通行人を見下ろす
分かりますか? 3メートルほどある塀の上の、柵のところから 道行く人を見下ろし
眺めている犬。

ず~と同じところから 吠えもしないで、通りの風景を 一日中楽しんでいるかのよう、
戻って行って、携帯で撮ってみました。

すると、他の人も犬に気づいて 見上げながら通っていくのでした。



掛け替えた 暦、来年は2月が29日まである 閏年 になります。太陽暦ですと4年
に一度の調節によって、一年を365日に平すことができるのですが、

明治5年まで、日本は太陰暦(旧暦)でしたので、閏日を設けるだけでは調節はでき
なくて、閏月までありました。

同じ年のうちに、ある月が2回繰り返されるという閏年があったのです。そんな年に
は 月の進行が遅れることによって 12月の内に「二十四節気のひとつである 立春 」
がきてしまうこともあったのです。

新年=春 というとらえ方の時代、暦の上とはいえ 年の瀬と新年(春)が同じ月とはね。
昔の人は、こんなときを「歳内春」と和歌に詠んでいます。


  ふる年に春たちける日よめる     在原元方(ありわらのもとかた)
  (12月中に立春を迎えた日に詠んだ歌)
年のうちに 春は来にけり ひととせを 去年(こぞ)とやいはむ 今年とやいはむ

(年内だというのにもう春が訪れた。春といえば新年だが、さてこの過ぎた年を去年と
 いったらよいのか、それとも今年と呼ぶべきだろうか)


これは、『新古今和歌集』巻第一の1、巻頭の和歌です。





太陽暦の現代、 もうすぐ 苦難の一年を終えようとしています。

暦の この節目に、新たな力を漲らせて新しい年を迎えたいもの、

     辰
       辰 年  の昇り龍  よい年となりますように。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR