にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

見沼田んぼ から 富士山

「都会のそばに豊かな緑」 と新聞にもとりあげられた 見沼田んぼですが、案外
埼玉県内での知名度は高くないようです。 埼玉県内の住民であれば、既に我が町
近隣が「緑豊か」、緑を求めて出かけるほど自然を渇望することもないというのも
その一因かも知れません。

最寄りの駅ならば東浦和、浦和美園ですが、東川口や大宮駅からですと2~3キロ
ほどのところに面積約1260ヘクタールの広大な緑地がひろがっています。

古代は海の入り江で、約6千年前に東京湾と分離し、多くの沼や湿地ができたという
ことです。江戸時代の中期、8代将軍、徳川吉宗の命によって新田開発がおこなわれ
ました。灌漑用水地を干拓して見沼代用水を堀り、利根川から水を引いて、「見沼
田んぼ」ができました。




その見沼田んぼから、今日も 富士山が 見えました!

     見沼から富士


     メタセコイア1
見沼代用水東縁 には この‘メタセコイア’が田園風景に高原のイメージを
添えているような・・・


     

     新都心・バスストップ
向こうに見えるのは さいたま新都心のビル。そして、手前に見えるのは 新しく
できた・・・


バスストップ バスストップの、囲い


東川口方面と浦和をつなぐ路線のようです。このバス亭は「総寺院」です。

緑だけでなく四季折々に咲く花の種類も豊富、見沼田んぼは憩いの場にも
なっています。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR