にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

烏賊の塩辛

青森で生まれて函館で育った夫は、新鮮な魚貝類なくしては日々の食生活に支障を
来す程の「おさかな党」

「魚屋さん」と呼ぶお店が身近に見られなくなった近年、スーパーマーケットの「お魚
コーナー」で、酒の肴になる食材を探して足を運ぶのもしみのひととき。

それを、自分流に調理するのもこれまたしい・・・ようですよ。見ているだけの私も
(らく)なので、「あなたのつくる塩辛本当においしいよね!」と感心しつつ褒めますと、
「写真に撮りたいんだろ? いいよ、どうぞ」  という訳で

は~い では、-らく楽クッキング- 酒の肴になる‘烏賊の塩辛’の作り方 デス


①PA230009
刺身烏賊 買ったものを一旦冷凍しておき、時間のある時に解凍して
調理する場合もあります。

②PA230011
烏賊の上に、氷をのせてから水をいれて調理にかかる。


③PA230013
指で中のワタを、身からはずしながら足から引き出す。


④PA230025
身を開いて、内側をきれいにし、耳ははずす。
塩辛にする場合、烏賊の皮は剥かない。皮に旨味があるので。
(右上の器にあるのは、塩漬けの烏賊ワタです。)
身の部分は、横に三つに切り、

⑤PA230028
縦に細切りにしていきます。
包丁の先に力を入れて、線を引くように切る。
‘烏賊刺し’にする場合と同じ、確か「引き造り」とかいう切り方・・カナ?

⑥PA230030
耳も同じように、縦に細切りにする。
足の部分は他の料理に使い、ここへは入れません。
(私がつくる場合は、足のコリコリ感が好きなので、入れます!)

⑦PA230031
すべて切り終えたら、上に烏賊のワタ(ゴロとも言う)を薄皮の袋を
破いて取り出し、加えます。

この時のワタは、前回のものを多めの塩で漬けておいたものを使うと
より美味しくなるんです。

⑧PB190005
そのために、今回の烏賊ワタもこのようにきれいに処理しておきます。

⑨PA230020
このように、余分な部分をはずし、細い紐のような烏賊墨の袋もはずして
おくとよいそうです。

⑪PA230010
塩で真っ白にして、冷蔵庫の奥に入れてあった‘烏賊のゴロ漬け’
他の料理にも使えます。

⑫PA230032
掻き回し、からめて塩加減を確かめ、

⑬PA230033
塩を足す。今回は大さじ1強を足しています。塩は時間を置くと中に
しみてまろやかな味になるので、この時はかなり塩辛くしておいて大丈夫。


⑭PA230034
すでに輪切りにして売られている唐辛子をつかっています。

⑮PA230035
烏賊三杯、相当な量になります。まず出来たらすぐに食べますが、
半日置いてからが美味しいようです。
冷蔵庫に保存。一日一回は掻き回すようにします。市販の烏賊の塩辛より
刺身感覚ですので、いつも5日ほど食べきってしまいます。




05MEA08A.jpg 05DRI03A.jpg











コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR