にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

‘こうぼうさま’は 空海

大型の台風が、ゆっくりと近づいてきています。天候も不安定な朝ですが、

東縁の代用水沿いを、歩いていると おぉ~ すごい、かるがも一家も朝のお散歩


5羽の鴨たちが、仲良くみんなで<鴨泳ぎ> 水面いっぱいをコースにしてました


この対岸にある 総持院 というお寺さんは、真言宗 智山派 ということです。それで境内には

弘法大師の像が ありました。 弘法大師 とは 空海 の し号で、同一人物なんだと知ったのは
社会科、歴史の授業 だったような記憶があります。


小さい頃から‘こうぼう さま’と呼んでいたお家が近くにあったけれど、あれは弘法大師のことで
普通のお宅だったけれど、何か真言宗とのかかわりがあって、屋号のようにそう言い習わしてい
たのでしょうか。

子供のころには何を意味する言葉かも分からないまま使っていた言葉の中に、宗教にかかわる
意味があったことに 気づいて 今更驚くことがあるものです。


     空海と仏教美術展
          東京国立博物館 (上野)


空海 密 教 美 術 展 に行ってきました。

弘法大師・空海 ー 平安時代、日本仏教を大きく変えた真言宗の始祖、また日本有数の能筆家
             でもあります。

日本各地に多くの神秘的な伝承を残し、天才と目されますが、彼はまた努力の人でもありました。

厳しい修行に励んだ青年期から唐留学をへて、日本に密教の法を弘めた人でした。



副題に <この夏、マンダラのパワーを浴びる。>とあって。。。そうそう

やはり、すご~い 迫力だったのは 国宝曼荼羅図。 平安時代・9世紀のもので、色彩こそ鮮明
とはいきませんが、壁面いっぱいに掲げられた図画の前に立つだけで圧倒されるものがあります。


真言密教の深玄な教えを視覚的に描き表して伝えるのが 曼荼羅 、修法や儀式に用いるための
ものが特に発達したのだそうです。


平日でも、美術館の混み具合は予想できるので、開館時間に合わせるようにして出かけ、特に
これだけは見ておきたいと思うものを、前もって決めておくのがベスト。

体力も落ちてきているとの自覚があればなおさらですぞ。




上野公園内をぶらぶら歩いて、昼食は

     韻松亭
     
ここ、韻松亭に入ってみることにしました。12時少し前でしたので、予約してなかったけれど
大丈夫。


     茶つぼ弁当

お昼のメニューで、一番お手頃値段の‘茶つぼ三段弁当’にしましたが、さすがですね
煮物のお味が とてもよくて お腹も 満足イタシマシタ










コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR