にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

ゆゆしきまでに・・・

今日はよく晴れて、青空を背景に、桜の花も映えました。
あいにく晴れた日は家事も多くなって忙しく、ゆっくり桜見物をしてもいられません。
用事で出掛ける駅までの道のりを、車をやめて‘急ぎ足での桜見物’にしてみました。
公園も学校の桜もきれいでしたが、もう花びらが地上を飾りはじめています。

昨日、西縁の桜並木の下を散歩したときに
「ホッホ、ケキョ~」鶯の初聞きをしました。

西縁の桜

毎年春になると、我が家の裏手の屋敷林から鶯の鳴き音が聞こえるのですが、今年はまだ・・・、
「例年より寒い日が多いからかしら・・・」
家人と話していたばかりでした。

鶯は別名‘春告(はるつげ)鳥’ともいい、春鳥とも書きますものね。
2月27日に初音を聞いたと書いていらっしゃる方もいます。
毎年鳴き声を楽しませてくれた‘ウラの鶯ちゃん’は引っ越してしまったのかもしれません。
今年もまた周辺の植木林だった場所が、何カ所も駐車場や集合住宅に変わりました。

ところで、西縁の桜は樹齢の長い大木の並木道です。しかも天候おもわしくない早朝のこと。
見上げれば、うす紅桜の花群が雲のように覆い、黒い幹や枝とのコントラストが
その美しさを引き立てて、妖艶な光を放つかのようでした。
ゆゆしきまで(不吉なほど)に・・・”というのは大袈裟かなと思って見上げました。

桜の下を一緒に歩いていた家人が
「西行の、あの歌・・こんな桜なんだろうな。花のしたにて春死なん・・」とつぶやきました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR