にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

あの日から・・・

地震が起こった あの日から、時が止まったように感じるときがある。

かといえばまた、もう一ヶ月も過ぎたのに・・・という思いもあって、

日々は、蛇行しながら、先を見せたり、隠したりして 過ぎていく。


「ご無沙汰しています。急にお会いしたくなりました。時間がとれないようでしたら、
お電話でお話できたら幸いです」との、突然のメール。

私が、まだ二十代だった時の 教え子。なつかしくて、顔も見たくて、直ぐに連絡。

「〇〇駅まで、来られるかしら。駅まで迎えにいくわ」

    温室の中の須賀さん

見沼田んぼ の 桜狩り。そして、大崎の 園芸植物園。
温室に入って、熱帯植物が、実をつけているのを見て回る。

    バナナの花

二人とも、初めて目にした バナナの花。これが開いて花が咲き、
花のひとつひとつが実になって、房になる。なんとも不思議な様相の花だ。

     花の拡大



桜並木の下を通って、大崎公園の こども動物園に入ってみた。

     レッサーパンダ

レッサーパンダ。暖かな陽気に、寝ぐらから出てお散歩。


     マナズル

マナヅル。昔は埼玉県でも、その姿を見ることができたそうだ。


カモのいる池の前のペンチに腰掛けて、時を忘れたかのようにお喋りをして、

花筏になり始めている代用水沿いを歩きながら、

鬼籍に入られてしまった‘かっぱ先生’の思い出話。



「あら、まぁ・・・そうだったの!」
「そうそう、それで、今どうしてるの?」

遠い時間が、近づいてきて広がって、そして、去って行った。


あの日から、人恋しいような、生きていることに愛しさを
感じるようになっているように思うことがある。

それは きっと、

いつもと変わらぬ 見沼の春の 花に彩られた風景の向こうに
現実としてある 被災地の 風景が重なって いるからにちがいない。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR