にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

早春賦

私の苦手だったものは、“歌を唄うこと”と“走ること”
大人になって加わった(分かった)ものに“お酒”がある。

苦手なものは、それなりに努力を重ねた結果まあまあ標準というか、平均的水準
ぐらいまでは達したと思うのだが、アルコールだけはどうも 遺伝子の問題らしい。

仕方がないので努力するのはやめて、極力避けることにした。


そんなこんなで、カラオケにも、徒競走類の競技にも、積極的に参加することは
これまでなかったけれど、どういう‘心境の変化’か、一枚の「お知らせ」を見て、


「コーラス」の体験教室に参加をし、挙げ句の果てに入会まで・・・。

     テキスト

「童謡コーラス」は住民による住民のための住民コーラスです。
「100才まで元気で歌おう!思い出の名曲をみんなで大合唱しよう!」
みんなの歌声が、地域住民の心温かいメッセージとなって、各地に童謡コーラス
歌仲間の輪が拡がります!
 とある。



「唄い継いでいきたい歌」は、歌っていくことで地域文化の発達向上に寄与するかも。
確かに、唄う人がいなくなれば歌は 消えてしまう。資料としてしか残らなくなる
ような「わたべうた」や「昔話唄」がこのテキストには沢山載っていた。


母が口ずさんでいるを聞いて覚えていた曲 早春賦
これまで、いまいちメロディーに不確かなところがあったのだが、一緒に歌えば
難なくこなせるから不思議!

一、春は名のみの 風の寒さや   谷のうぐいす 歌は思えど
  ときにあらずと 声もたてず   ときにあらずと 声もたてず


歌詞は文語であっても一番なら、子供にも理解できる範疇にあるようだけれど、
二番、三番はどうだろうか。

二、氷とけさり あしはつのぐむ   さては時ぞと 思うあやにく
  きょうもきのうも 雪の空    きょうもきのうも 雪の空

三、春ときかねば 知らでありしを  きけばせかるる 胸の思いを
  いかにせよと このごろか    いかにせよと このごろか   


「春ときかねば 知らでありしを  きけばせかるる」のところを、

「ね」は打ち消しの助動詞の已然形だから、接続助詞「ば」が続いて意味は「ので


「で」は否定の助詞、「あり」は存在の居る、「し」は過去の助動詞。だから
~ないでいた」。「るる」は自発の助動詞で受け身ではない、な~ん
て説明が高校生には必要だろうか。


いや、楽しんで歌えれば、早春の風景と感触が自ずと浮かんできて、歌詞の意味も
きっと自然に伝わっていくことだろう。


早春の今日、公園に河津桜が咲いていた。 河津桜

 




 

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR