にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます!

            黄色い梅

山陰、北国でも日本海側は記録的な大雪となったお正月です。
太平洋側では比較的穏やかな天候で、関東地方では暖かな一日となりました。


当地では、年末には既に開花していた蝋梅の花が 青空に映えて綺麗に咲いています。


初詣は、例年 氷川女体神社に先ずは詣でることにしているのですが・・・、


今年はちょっと気になっていた 開かずの門  

国昌寺(こくしょうじ)の 開いた門 を見たくて、先に行ってきました。


開いた門 菊の御紋 のある門

「開かずの門」と呼ばれています。いつも閉じられたままです。それが、正月の三箇日だけ
門の扉が開けられるというのです。

これまで、見沼散策で幾度か前を通っていますが、このように本当に門が開けられた状態を
実際に この目で見たのは初めてです。なので、開いていることにやたら感激してしまいました。

この門は薬医門に属し、間口約3メートル 奥行約2メートルで、切妻屋根となっています。



欄間には左甚五郎作と伝えられる 龍の彫刻がありました。

            龍
             釘づけにして門におさめているといいます。


※門の伝説については、「見沼の民話・伝説」(みぬま通信)←上をクリックしてご覧下さい。



国昌寺は、東縁「見沼田んぼ」を見下ろす高台にあります。

お寺からは「見沼田んぼ」を挟んで「さいたま新都心」が近くに見えていました。

   さいたま新都心


参拝のあと、見沼代用水東縁を歩いていますと カワセミ に出逢いました。

   かわせみ シィ-、二度目で、うまく撮れました 


          


         氷川女体

見沼代用水西縁の高台に立つ古社 氷川女体神社。現社殿は寛文7年(1667)に造営されたもの。
見沼の信仰を知る上で重要な社であり、多くの文化財があるということです。


今年も良い年でありますように!






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今年も宜しくお願いします

過日はお世話になりました。
お目に掛かれましたこと、嬉しく思っております。
左甚五郎の作品が見沼にあるとは知りませんでした。
来年は行ってみたいと思います。
年末に、次女も長女の高校に通わせることに決めました(笑)。

Re: 今年も宜しくお願いします

講座にお出かけいただき、ありがとうございました。
いつかお会い出来るような気はしておりましたが、
特にお忙しい時期に、来ていただけるとは思ってはいませんでしたので、
嬉しかったです。
こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします。
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR