FC2ブログ
                  にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

さねかずら & 月


 看板



慶應義塾大学 浦和共立キャンパス内 にある薬草園で


      さねかずらの実

今年の さねかずら(ビナンカズラ) に ようやく逢えました。




春、園内に<ビナンカズラ>の標示がある木をみつけて、

    春さねかずら



秋になったらどんな実を付けているだろうかと楽しみにして
いたのです。

ところが、その葛は春より葉の色が濃くなっているだけで、
赤く色づき始めているはずの実は見あたりません。


諦めて他の園内の植物を見て廻っているとき、以前、薬草
講座の講師を勤めてくださった職員の方と園内で偶然出会
いました。

「実はつかないのですか」と伺ってみたところ、わざわざ一緒
に戻って葉の茂みの間を分けて探してくださったものです。



 なので余計にうれしくて、まるで恋する人の姿を見ることが
 できたような気分になりました。



   我が家のさねかずら


挿し木をした我が家のサネカズラは、ぐんぐん蔓を伸ばし
ています。 が、実を付けるほど大きくなるのはまだまだの
ようです。



こんなに 「さねかずら」 に恋するようになったのは、歌のせい。


 名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
ナニシオワバオウサカヤマノサネカズラヒトニシラレデクルヨシモガナ


一緒に夜を過ごすという意味の名をもつ逢坂山の「さ寝(ね)かずら」よ。
 その蔓をたぐり寄せるようにして、だれにも知られずにあなたのもとへ
       逢いに行く方法があったら良いのになあ。




  満月

     今夜は満月。素晴らしい「月」が昇りました。

西行法師が「月の前の恋」という題で詠んだ歌が想われる「月」です。


  嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな
<ナゲケトテ ツキヤワモノヲ オモワスル カコチガオナル ワガナミダカナ>

美しい月が涙を誘っているのだと、恋の物思いで流す涙を「月」の
               せいにする。

    きっと心を揺さぶるほど美しい「月」だったのでしょう。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR