FC2ブログ
                  にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

 歌枕 を訪ねて  - 武蔵の国「掘兼の井」-

    歌枕 (古歌に読まれた名所)

井戸 (640x427)


中央に一辺が埋もれた石の四角い石の枠らしきものがあります。

 これが武蔵国の歌枕「ほりかねの井」と伝えられるものの一つ。
    (場所に諸説あって、断定はできないようですが)



枠 (640x480)



     保存のために周りが石柱で囲まれています。

     石碑標示 (480x640)



        思ったより広い境内でしたが、
   「井」はここと、直ぐに見つけることができました。

所在地は狭山市大字掘兼2220 にある「掘兼神社」の境内です。



社伝板によりますと、平安から知られていて鎌倉時代の和歌にも
よく詠まれた歌枕「ほりかねの井」が当地にあること知った川越奉
行が、江戸時代にはほとんど埋まっていた井(井戸の類)を掘り返
し、そこを石柱で囲んだだけでなく、



掘兼神社 (640x427)

     ここに神社を建立した(1650年)ということです。




           あっぱれ川越奉行殿!


    お祭り案内 (480x640)

             神社の夏祭り


    お陰でこの史跡とともに文化の歴史もまた、

     今に伝えられているようです。 ( ^ω^ )






 汲みてしる人もあらなんおのづからほりかねの井の底の心を
<クミテシルヒトモアラナンオノズカラホリカネノイのソコノココロヲ>
               西行法師 (『山家集』中恋)

堀兼の井のように深いこの心を、たまには知ってくれる人もあって
            ほしいものですよ

   

      つれない人を怨んだ嘆きの心 を詠んだ歌  


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR