FC2ブログ
                  にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

かるたで遊ぶ ~ 蝉丸パワーを利かせる「坊主めくり」 ~



百人一首」 10番は

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関
 <コレヤコノ イクモカエルモワカレテワ
                 シルモシラヌモ オウサカノセキ
>                        

これがあの、これから旅立つ人も帰る人も、知っている人も知
 らない人も、別れてはまた逢うという、逢坂の関なのですよ




    この歌の作者は蝉丸
 「せみまる」という名は有名であるが
  その伝記はほとんど残っていない。


盲目の琵琶の名手といわれ「源平盛衰記」や
「今昔物語集」などに伝説的な記述はあるけ
       れど、詳細は不明。


かるたの絵札に 頭巾を被った姿で描かれている。

  坊主頭であったかどうかはわからないけれど、
        出家者ではなくて、

    隠遁者であったと思われる人物だ。


       ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

百人一首」和歌に親しむために行う 「かるたで遊び

初心者も子供も一緒に楽しめるのは、何と言っても

        坊主めくり  デス



  そこで、今回は 謎めいた伝承をもつ 蝉丸 に

     強力なパワーを持たせる ルールを設定した

       坊主めくり の実戦です!!


坊主めくり (640x480)

蝉丸をひいたら~ 参加者全員が持ち札すべて捨てる・・ノダ

       え~



 姫札 の絵柄や人物(天皇)によって ルールを変えるのも

            面白いかも (。>ω<。)ノ

        脳トレになりそうです(*゚ェ゚*)



  ミニかるた (570x640)

     こんな ミニかるた(百均だそうです) なら
             
          持ち歩きも 楽ですね♪


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR