にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

菊の花 と 紋

見沼田んぼの西縁代用水沿いの桜並木です。

桜並木紅葉 

道沿いに、野菊(カントウヨメナ)が雑草の間に咲いているのを見つけたのは、もう随分前から
ですが、今日は、園芸種と思われる「菊の花」が咲いていました。

菊の花

「菊の花」を愛でる節句といえば「重陽の節句」がありますが、
9月9日は、旧暦であってもまだ菊の花は咲いてはいなかったのではないでしょうか。

「菊の花」は中国の「重陽の節供」とともに、平安時代の初期に伝来したといいます。
宮中行事として「観菊の宴」を開き詩歌など読み、長寿を祈りました。

菊の花の観賞ですので、花の咲いた時に合わせたのではないかと・・・、でなければ
野菊(ヨメナ)のように早く咲く種類の菊の花だったのでしょうか。


当初は貴族社会のみの行事だったものが、やがて武士社会から庶民へと徐々に広がって
いき、今では、節句とは切り離した「菊まつり」の形で菊の花を愛でる催しが各地に残っ
て伝わっています。


「重陽の節供」として定着しなかったのは、菊の見頃の時期が合わないことに起因するとか
『百人一首』にとられた和歌も平安時代の菊ですが、

心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花
<あて推量で、もし折るというのならば手折ってみようか。初霜が一面におりて、(白菊なの
か霜なのか)見分けがつかないように、人目をまどわせている白菊の花を>

コレ、晩秋に咲く白菊ですね。



鎌倉時代、後鳥羽上皇が菊を好み、紋として使ったそうで、その後、後深草天皇・亀山天皇・
後宇多天皇(亀山天皇の子)
が自らの印として継承したということです。

明治2年に、菊花紋が皇室だけの紋と決まり、皇室以外の使用を禁じられました。
菊の花が図案化された「皇室の紋」となったのは 意外に新しかったのですね。
天皇家は十六花弁の八重菊、皇族は十四花弁の裏菊と定められたのです。菊の紋




ところで、これは
     食用菊  食用菊の花

菊の葉を天ぷらにして食べてはいましたが、菊の花そのものを‘お浸し’や‘酢の物’にして
食べるという食文化はなかったですねェ・・・私の育った地方には。

「菊の花」といえば供花のイメージがあるではありませんか。初めて知った時には ーーー

え~ッ こんな綺麗な花を食べるなんて~~~ もってのほか  だと思いましたが、
それで 名付けられた のでしょうか この食用菊は。

 





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR