にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

夕 顔


 8月も最終日となりました。 再びの猛暑日から打って変わって、今宵は
随分涼しくなりました。 雨も止んで、虫の音も小さく聞こえはじめました。

8月中旬の ある夕暮れ時に、住宅のフェンスに絡んで大きな葉の間から
顔を出して咲いている真っ白な花が目に入りました。家に急ぐ帰り道だっ
たのですが、なぜか気になって引き返して見てみると、


     170818夕顔

        これは、「ゆうがおの花」に違いないと思い、
        写真を撮らせていただきました。


『源氏物語』、「夕顔」の巻では光源氏が乳母を見舞う折、夕顔の咲く家
の女性を知り、身分を明かさずに通うようになるのですが、その女性が
この花の名「夕顔」と記されています。

夕顔の女君から、光源氏の君に渡された扇に書かれていた歌、

     心あてに それかとぞ見る 白露の 光そへたる 夕顔の花
白露の光をそえた夕顔の花、そのようなお姿のお方はもしや光源氏の
 君ではないでしょうか


と解釈すると、白露の光を添えたような美しさゆえに気付かれたのは男性

かたや、
白露に光る夕顔の花、その花に光を添えていただいたあなた様は、
 もしや、光源氏の君ではないでしょうか


と、解釈すると、夕顔の花は歌の贈り主である女君 ということになります。


              ∞∞∞∞∞∞



一昨日でしたか、やはりこちらのお宅の前を通ったところ、


    170825夕顔の実

      実になっているものもありました。 

 このあと、どんな姿に変身していくのか、楽しみです(笑)




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR