にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

染谷花しょうぶ園

   土曜日のことですが、地元の花菖蒲園に行ってきました。

 染谷しょうぶ園


         
                本当に久し振り、
  
     確か・・ 20年ほど前に一度来たことがあったのですが、


     講座のあとの “おしゃべりカフェ”で話題に出なければ
      
        きっと、今年も行かなかったことでしょう。



こちらの 菖蒲園には現在約8000m2に200数種類が絢を競っている。

  菖蒲園は6月のみ開園 有料500円   ホームページ ←こちら



古典的ネーミング !!


      清少納言
         <清少納言(せいしょうなごん)>


清少納言・・ 平安時代中期の女房。『枕草子』の作者。和漢の学に
        通じた才女で、紫式部と並び称せられる。



      殿上人
           <殿上人(てんじょうびと)>

殿上人(てんじょうびと)・・宮中、清涼殿に昇殿を許された人たちを言う。
                身分高い公卿。



      香炉峰
             <香灯峯(こうろほう)>


 香炉峰・・・中国江西省九江の南西、廬山(ろざん)の一峰。 白居易の
        「香炉峰の雪は簾(すだれ)をかかげてみる」の詩句は有名。

  『枕草子』の「のいと高う降りたるを」の段では、「コウロホウの雪」が
               キーワードになっている。



      八橋
              <八橋の風景>

ら衣つつなれにし ましあればるばるきぬる びをしぞ思ふ

『伊勢物語』九段 東下りに登場するの 三河の国「八橋」 か・き・つ・ば・た



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR