にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

花は盛りに・・ & 「百人一首」 65

 雨の日曜日、今年最後になりそうな さくら見物 は車の中から
 ワイパー越し。現れては去る さくらの花

 益々もりもりと花開いた桜並木が、雨に煙ってどこまでも続くか
 のようにみえて、これもまた幻想的で 素敵なさくらの風景です。



 昨日の土曜日は ポツポツと冷たいものが落ちてくるような天候
 でしたが、傘を手に 見沼のお花見 を楽しんできました。


 見沼代用水東縁
      <見沼田んぼ 東縁(ひがしべり)総持院の橋から>


 氷川の案山子公園
      <氷川女体神社の前 案山子公園の池に映る桜>


 氷川女体神社前
 <見沼の代用水は、もう 花筏(はないかだ)になっていました。>





            百人一首の世界


 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ
<ウラミワビ ホサヌソデサエ アルモノヲ コイニクチナン ナコソオシケレ>
                         相 模(さがみ)    
相手のつれなさを恨み悲しんで、涙のかわくひまもない袖でさえ、まだ
朽ちないで残っているのに、恋のために浮き名が立って朽ちてしまいそ
うな私の名が、まことに惜しいことです。



     なんてひどいこと 絶対ゆるせないと
      あなたを恨んで 流す涙

ぬぐった涙で 着物がダメになってもかまわないけれど
  ただ惜しまれるのは 世間の誤解、 私への悪評








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
写真:【 唱歌:「案山子」の立つ見沼氷川公園】

こんにちは! 日本古典文学
研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に
大学院に入学、現在は 古典
文学講座の講師をしています。

こちらには 自然と文化と歴史
を感じながら‘知るを楽しむ’
日常を記しています。         
     

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本ブログ村 ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR